お風呂をリフォームする時のおすすめの広さについて紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お風呂をリフォームする時のおすすめの広さについて紹介します!

お風呂を快適に使う上で最も重視すべきなのは広さです。
現在のお風呂が狭いと感じている方の中にはリフォームを検討されている方もいらっしゃると思いますが、お風呂の広さはどのくらいが理想的なのでしょうか。
今回は、新潟市周辺にお住まいの方へ、お風呂をリフォームする際のおすすめの広さについて紹介します。

使いやすい広さについて

□使いやすい広さについて

浴室を快適に使える理想的な広さは戸建てとマンションで若干変わってきます。
ここからは、特にユニットバスを使っているケースを想定して快適な広さについて紹介します。

戸建てとマンションではそもそもの規格サイズが異なります。
マンション用は床下や天井の高さが低めになっていて、比較的コンパクトになっています。
また、幅に関してはどの浴槽も70センチほどです。
よって、ユニットバスの面積が大きいと余裕を持って洗い場を使えるようになるでしょう。

 

*戸建てにおける適切な広さ

戸建て用では1216サイズと1616サイズが一般的です。
それぞれの広さは0.75坪と1坪です。
1坪の場合は極端に大きすぎず、狭くもないため非常に人気の広さとなっています。
浴槽でゆったり足を伸ばしたいと考えている方には特におすすめです。

 

*マンションにおける適切な広さ

マンション用は1418サイズと1620サイズが一般的です。
多くの人から支持を集めているのは1418サイズです。
このサイズは洗い場が丁度良い大きさで、浴槽も小柄な人であれば余裕を持って使えます。

 

□空間を広くするには

浴室を広くする方法には大がかりなものから簡単なものまでいくつか選択肢があります。
その中でもおすすめのリフォーム方法を紹介します。

1つ目は、ユニットバスを交換する方法です。
ユニットバスを採用しているケースでは、一回り大きいサイズに交換するという方法があります。
特に、ひと昔前のユニットバスを使っている場合は最新のものに交換すると空間を格段に広くできる可能性があるでしょう。

2つ目は、空間を拡張しやすい製品を選ぶ方法です。
TOTOやリクシルなどは浴室の拡張リフォームにフィットするようにデザインされている製品が多いです。
拡張したい部分に合わせて柔軟に対応できるので、リフォームの際にはおすすめです。

空間を広くするには

 

□まとめ

今回は、お風呂をリフォームする際に知っておきたい、快適に使える広さや、リフォームの選択肢を紹介しました。
お風呂をよりリラックスできる空間にするためにも、現在使っているものが狭いと感じている場合はぜひリフォームをご検討ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。