リフォーム費用を抑えたい方必見|新潟市で利用できる補助金制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
「今の家を快適にリフォームしたいけど、費用が気になる」
「自分が住んでいる地域では、利用できる補助金制度はあるの?」
1つの家に長く住んでいると、家族のライフスタイルが変わったり、家が古くなったりしてリフォームを検討する機会もあるでしょう。
しかし、リフォーム費用が気になって、なかなかリフォームを決意できない方もいるかもしれません。
そのような方におすすめしたいのが補助金制度の利用です。
今回は、新潟市で利用できる補助金制度をご紹介します。

□高齢者向け住宅リフォーム助成

年齢を重ねると、次第に身体機能が低下していくので、立ち上がったり、階段を上ったりするのに苦労する方も多いでしょう。
ご自宅にご高齢の方がいる場合、負担を減らそうとリフォームを検討するかもしれません。
そのような方におすすめしたいのが、この「高齢者向け住宅リフォーム助成」です。
65歳以上の高齢者の方が安心して暮らせる家にリフォームをする場合に、その費用の一部を助成してもらえます。
世帯の収入や高齢者の身体機能にもよりますが、最大で30万円ももらえる可能性があります。
ただし、この制度の対象となるのは、65歳以上で介護保険において介護や支援が必要であると認められた方がいる世帯に限ります。
また、世帯員の前年の合計収入が600万円未満であることも条件の1つです。
対象となる工事の内容は、床の段差をなくしたり、手すりを取り付けたりするリフォームです。
また受給するには、工事を始める1カ月前に相談することが必要ですから、注意しましょう。

□新潟市木造住宅耐震改修工事等補助制度

大きな地震が多い日本では、古い木造の住宅が地震で倒壊してしまうことも多いです。
そこで大事な家と家族を守るために、耐震改修工事をしようと考える方もいるでしょう。
そのような方におすすめの補助制度が「新潟市木造住宅耐震改修工事等補助制度」です。
新潟市の制度を使って耐震設計をして、それに基づいた改修工事を行うと補助金を受給できるのです。
受給するには、他にも耐震診断士に工事を管理してもらうこと、リフォームする住宅の所有者が新潟市への税金を完納していることも必要です。
条件やリフォームにかかる費用にもよりますが、最大で150万円ももらえる場合もあるようです。

□まとめ

今回は新潟市が現在実施しているリフォームの補助金制度や、その対象となる条件についてご説明しました。
条件を満たして、補助金を受給できれば、同じリフォームの内容でも、出費を減らせそうですね。
リフォームの費用をできるだけ抑えたい方は、ぜひご紹介した補助金の申請を検討してみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。