新潟在住の方に!キッチンをリフォームする際のポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「キッチンをリフォームしたいけれど、使いやすいデザインとはどんなものだろう?」
「キッチンが古くなってきたから、もっと便利なキッチンにリフォームしたい。」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
毎日使用キッチンするですから、せっかくリフォームするなら便利なものにしたいですよね。
そこで今回は、キッチンのリフォームで気をつけるポイントについて説明していきます。

□使いやすいキッチンのポイント

*動線を意識

使いやすいキッチンのポイントとして、動線を意識することが大切です。
料理をするコンロと洗い場のシンク、食材を保管する冷蔵庫の位置関係を考慮する必要があります。
この3つを結ぶ線の長さが500センチメートル程度であれば、最適に作業ができると言われています。
キッチンをどのようにリフォームするかを考える際は、作業するのに適切な位置関係かどうかを確認してみましょう。

*通路の幅

キッチンの通路の幅も使いやすさに大きく関わってきます。
通路幅の目安としては、1人で利用するなら0.9メートルほど、2人で利用するなら1.2メートルほどだと言われています。
キッチンは毎日使う場所ですから、動きにくければ日々ストレスが溜まってしまうでしょう。
設計段階で、目安のスペースが確保されているか、そしてどれくらいの幅になるのかを実際に目で見て確認することが重要です。

*カウンターの高さ

カウンターもリフォーム時に注意すべきポイントの1つです。
身長とカウンターの高さが合っていないと、せっかくリフォームしても以前より使いにくいと感じてしまうことがあります。
そのため、カウンターは使用する人の身長に合った高さにしましょう。

*照明

キッチンのリフォームを行う際は、ついスペースや高さに気を取られてしまいやすいですが、照明についても考える必要があります。
特にリフォーム前と後でキッチンの位置が変わる場合は注意が必要です。
移動後のキッチンの場所は窓から光が入るか、また照明の光は作業するのに困らない位置にあるかを確認することが重要となります。
よくあるのが、光は十分に入ると思っていたものの、実施に立って作業していると影ができて不便に感じるというパターンです。

□まとめ

今回はキッチンのリフォームのポイントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
使いやすいキッチンにするためにも、ご自身の要望をしっかりと業者に伝えて話し合うことが大切です。
リフォームに関して分からないことや気になることがあれば、ぜひ一度業者に相談してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。