新潟でリフォームするなら|アイランドキッチンのメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

料理好きな方にとって、広々とした使いやすいキッチンはまさにオアシスです。
リフォームも、まずはキッチンから考えるのではないでしょうか?
実は、キッチンの型にも数種類あり、その中でもアイランドキッチンは多くの主婦のあこがれになっています。
そこで今回は、アイランドキッチンにリフォームするメリットとデメリットについて紹介していきます。

 

□アイランドキッチンのメリット

*複数人でキッチンに立てる

その名の通り、アイランドキッチンは「島」のような構造をしており、壁から十分なスペースが空いています。
また、リビングからも距離が空いているので、アイランドキッチンの周りをグルっと囲んでの調理が可能です。
親子や夫婦で料理したり、友人と料理会を開いたりと様々な楽しい使い方ができます。

*開放感

先ほども述べましたが、独立したキッチンなので、従来のように壁や戸棚に圧迫されているかのような思いをすることもなく、開放感があり、のびのびとキッチンを使うことができます。
一度にたくさんの食材や調味料、調理器具を並べて料理したい方におすすめです。

*おしゃれさ

料理をするにも、モチベーションは大切ですよね。
アイランドキッチンは、インパクトも強く、シンプルでおしゃれなキッチンの代名詞とも言えます。
ずっと綺麗に保ちたくなりますよね。
また、インテリアの設置の自由度も高いです。

 

□アイランドキッチンのデメリット

*汚い部分も見えやすい

綺麗にずっと保っているうちは良いですが、物が積み重なったり、汚れが目立ってきたりした際に、定期的に掃除をしないと、汚れなどがより一層引き立って見えるようになります。

*収納スペースが別途必要

そもそもアイランドキッチンを設置する時点で、相当な広さが必要なのですが、収納スペースを壁に設けたり、シンクの下に収納のあるアイランドキッチンを選ぶ必要があります。

*料理中の臭いが拡散される

通常のキッチンでは、壁が臭いを遮る役割を果たしてくれています。
アイランドキッチンでは、開放感と引き換えに、臭いが広がりやすくなってしまいます。
そのため、別途で換気システムの性能を上げる必要があります。

 

□まとめ

アイランドキッチンのメリットとデメリットを解説してきましたが、いかがでしたか?
他にも、L型やI型、セパレート型、ペニンシュラ型などがあるので、それぞれの違いを吟味して、あなたにとって最適なキッチンリフォームを実現させてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。