新潟で温かい家にリフォームしたい方必見|断熱の工法をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「冬になると、暖房のある部屋とない部屋の温度差が激しくて、ヒートショックが起きないか心配」
「断熱性の高い家を作りたいけど、どんな工法があるの?」
断熱性能が低い家だと、冬は部屋の間の寒暖差が大きくなり、快適でないばかりかヒートショックといった健康被害を生む可能性もあります。
このようなことを防ぐために、リフォームで家の断熱性能を高めようとする場合、2つの工法を選ぶことができます。
そこで今回は、断熱性能を上げるリフォームで選べる工法の特徴についてご説明します。

 

 

□充填断熱工法

 

*充填断熱工法とは?

木造住宅に使わる断熱工法の1つです。
壁の内側や柱、床の下といった空間に断熱材を詰めていきます。
この工法で使われる断熱材は、グラスウールやセルロースファイバーといった繊維系断熱材が一般的です。
鉄筋コンクリートの住宅の場合は、内断熱と言います。

 

*メリット・デメリット

充填断熱工法のメリットは、まず簡単に低い予算で施工できることです。
壁や床の内側に施工するため、外壁の厚みが変わらないことも魅力的です。
後で紹介する外張断熱工法が施工できなくても、この工法なら施工できる場合もあるようです。
ただし、気密もきちんと確保させながら隙間ができないよう均等に施工する注意が必要です。

 

 

 

□外張断熱工法

*外張断熱工法とは?

こちらも木造住宅の断熱工法の1つで、ポリスチレンフォームや硬質ウレタンフォームといったプラスチック系断熱材を使います。
断熱材を壁や屋根の外側に付けるこの工法は、鉄筋コンクリートの住宅ですと、外断熱と呼ばれます。

 

*メリット・デメリット

この工法は外側に断熱材を設置するので、内装の自由度が高いメリットもあります。
施工性も良いですが、厚みの大きな性能向上までは不向きです。

家全体を断熱材で包み込みますのでリフォーム工事でも良く活用されます。

 

 

いずれにしても、断熱工事は気密や換気と密接に関連します。

新潟の場合は、特に結露との関係がよく問題になります。

業者に聞きながら、工事のことだけでなく住まい方や使い方も含め、なるべくわかりやすく、きちんとした説明をしてくれる会社を選びましょう。

□まとめ

今回は、家の断熱性を高めるリフォームの2つの工法と、そのメリットやデメリットをご紹介しました。
ご自宅の状態や、リフォームにかける予算や時間などによって、適している工法は異なります。
断熱リフォームをお考えの方は、ぜひご紹介した工法の特徴を参考にして、ご自身にあった工法を選んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。