新潟の住宅会社が紹介|ペットを飼っている方にとって最適なリフォームとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ペットは家族の一員です。
一緒に暮らしていく上で、ペットにとっても、飼い主さんにとっても快適な暮らしが望ましいですよね。
ペットとの生活を考慮して住宅を建てた方は多くありません。
そんな方におすすめなのがリフォームです。
今回は、ペットを飼っている方にとって最適なリフォームとはどんなものかについて解説していきます。

 

□ペットを飼っている方にとって最適なリフォームをするポイント

*消臭効果のある内装材

猫や犬、うさぎなど、どんなペットを飼うにしても避けられないのが臭いです。
臭い対策がされていないと、飼い主さんにとってあまり快適とは言えないでしょう。
例えば、珪藻土の壁にすることによって、臭いを吸着してくれるので、部屋の空気を清潔にすることができます。
珪藻土は耐火性もある上に、天然素材なので、ペットが万が一舐めても安全です。

*腰壁の設置で、爪とぎ・汚れ対策

腰壁というものをご存知でしょうか?
簡単に言うと、壁の下半分に板を張った壁のことです。
ペットの中には、壁で爪を研ぐ習性をもつ種類もいます。
壁をぼろぼろにされるごとに壁を修復していては面倒ですよね。
そこで、板を壁の下側(1.2mくらいの高さ)に張り巡らせておくことで、壁に汚れや傷がつくことを気にしなくてもよくなります。

*ペットに合わせた床材選び

近年、床で足を滑らして骨折・脱臼してしまうペットが増えてきています。
ペットにとっても、人間にとっても滑りにくい床材を選ぶことが大切です。
また、掃除のしやすさと防水性・耐アンモニア性は、ペットのいる家庭での床材選びにおいて重要な基準です。
ペットの抜け毛を掃除する際、床にへばりついて取れないようでは、掃除する気がなくなってしまうでしょう。
また、水をこぼしてしまったり、思わずおしっこを床の上でしてしまったりすることも考えられます。
床材への配慮があると、ペットにも飼い主にも暮らしやすい住宅になるでしょう。

*ペット用のドア・部屋を設ける

これは、ペットが部屋間を自由に移動しやすくなり、ストレス軽減にもつながる上に、お互いが安心感を得られる工夫でもあります。
逆に、ペットに入ってほしくないドアはそのままにしておくことで、完全に生活スペースを分けることも可能です。
また、ペットの部屋をリビング等に設けることで、お互いの姿が見えやすくなるので、安心感を得られるでしょう。

□まとめ

ペットを飼っている方にとって最適なリフォームをするうえで、チェックしていただきたいポイントを紹介していきました。
本記事を参考に、ぜひリフォームをご検討してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。