新潟でリフォームなら|リビングの床材の種類と選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リフォームを進めていく上で、間取りや家事動線、デザインはもちろん大切なのですが、素材にも注目していただきたいです。
中でも、リビングは一番生活で使うスペースなので、リビングの床材は、インテリアや色合いなども考えて慎重に選びたいところです。
そこで今回は、リフォームにおけるリビングの床材の種類と、その選び方についてもご紹介していきます。

 

□リビングの床材の種類

*無垢材(フローリング)

フローリングは最も人気な床材の一つで、色合いや性質が魅力的です。
中でも、天然の木を100%使用した無垢材は、樹種にもよりますが、保温性や断熱性に優れているので、夏は涼しく冬は暖かいリビングが実現可能です。
しかし、汚れやすく、耐久性が低いというデメリットがあります。
ただ、色合いが豊かなので、お好みのインテリアに合わせやすい床材でもあります。

*コルク

ワインでおなじみのコルクを原料とした床材です。
焼き固めているので、頑丈かつ、耐久性において無垢材よりも優れています。
また、吸音・断熱効果に加えて、弾力性も兼ね備えているので、小さいお子さんや高齢の親御さんと住まれている方におすすめの床材と言えるでしょう。
カラーバリエーションも豊富なので、理想の部屋の雰囲気に仕上げることが可能です。

*カーペット

絨毯などを想像していただけるとわかりやすいです。
素材、色、サイズのバリエーションが豊富で、複雑な形の部屋にも対応しやすい床材です。
思わず裸足で歩きたくなるような肌ざわりと、保温性、吸音性が特徴で、お子さんのいる家庭に向いているかもしれません。
ただ、素材によってはカビやダニの温床となってしまったり、汚れやすくなったりするので、定期的なお手入れが必要な床材です。

*石

大理石や御影石の床をご覧になったことはありますか?
このような石を使用した床は、とにかく豪華さが桁違いです。
また、独特の模様と光沢により、汚れが目立ちにくいというメリットもあります。
仮に汚れたとしても、水を使って簡単に掃除ができてしまいます。
そのため、リビングをしばらく掃除せずとも綺麗に見えるようにしたい、という方におすすめの床材ですが、非常に高価なのでご注意ください。

 

□まとめ

リフォームにおけるリビングの床材の種類や選び方についてご紹介していきました。
上記の床材は、さらに細かく素材によって分けることができるので、ぜひチェックしてみてください。
予算や部屋の用途、デザイン、インテリアを考慮して、ご自身にあった理想のリビング床リフォームを実現していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。