新潟市在住の方へ!建て替え計画のコツとは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「建て替えを成功させるために、計画のコツを知りたいな」
このような要望に応えます。
さて、今の家が古くなってしまうと、建て替えを考える方も多いのではないでしょうか?
しかし、いざ建て替えをするとなるとどのように計画すればいいのかあまりわからないですよね。
そこで当記事では建て替えを考えている方に向けて、基本のスケジュールと建て替えのコツを紹介します。

□建て替えまでの主なスケジュール

建て替えまでの主なスケジュールは以下の通りです。

・住宅会社を探し、設計プランを決定する
・住宅ローンを申し込む
・仮住まいを探して、引っ越しする
・解体する
・立て直しを着工する

*住宅会社を探し、設計プランを決定する

まずは住宅誌などを見て、自分の建てたい家がどんなものなのかイメージを固めましょう。
イメージが固まれば、
・建築家
・工務店
・ハウスメーカー

などに建築を依頼します。
その後、依頼した相手と設計プランを決定します。

*住宅ローンを申し込む

プラン決定後は、金融機関に必要書類を提出し、住宅ローンを申し込みます。
住宅ローンは建物の完成後に下りるタイプもあり注意が必要です。

*仮住まいを探して、引っ越しする

解体前に絶対にしておかないといけないのが、仮住まいとなる賃貸の契約です。
トラブルがないように、早めに住宅を決めておきましょう。

*解体する

仮住まいへの引っ越しが決まれば、いざ解体作業開始です。
以前の住まいを解体した後は、地鎮祭を行い、工事と暮らしの安全を祈願します。

*着工する

解体作業と地鎮祭後は、着工します。
着工や諸々の確認を終えると、ついに入居することができます。

□建て替え計画のコツ

*費用がかからない仮住まいを探す

建て替え代や解体作業に多大なお金がかかってしまうので、仮住まいにはあまりお金は使いたくないですよね。
そこで、自分の建て替えを依頼する建築会社と提携している不動産会社はないか確認しておきましょう。
提携不動産会社の物件なら条件がお得になる場合もあります。

*仮住まい用と新居用の荷物を区別しておく

仮住まいへの引っ越しの前に新居用と仮住まい用にしっかり分けておきましょう。
特に、仮住まいの方の荷物は極力少なめにしておくことで、荷造りの際は圧倒的に楽になります。

 

□まとめ

今回は計画を考える上で、建て替えの流れとコツを紹介しました。
建て替えの期間は全体的に見ると、かなり長くなるので、事前に余裕を持って計画しましょう。
建て替えに関して、他に何か不明点などあれば、ぜひお気軽にお問合せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。