新潟の住宅会社が解説|良いリフォーム業者選びのポイント4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リフォームをご決断された方の次なる悩みはリフォームの業者選びです。
安すぎるとかえって不安ですし、評価が低い業者も嫌ですよね。
契約後に、リフォーム業者が倒産してしまうケースもあります。
「リフォーム業者選びで失敗したくない。」という方に向けて、今回はリフォーム業者を選びのポイントについて解説していきます。

 

□リフォーム業者を選ぶポイント

*リフォーム業者の得手不得手を把握する

一口にリフォーム業者と言っても、リフォーム専業会社や地方工務店、住宅設備メーカー等の様々な種類があり、それぞれに得意分野があることをご存知でしょうか?
どこを重点的にリフォームしたいのかによって、リフォームを依頼する会社の特性を見極めて選ぶ必要があります。
また、大手に依頼したとしても、結局はどんどんと下請けに流されていってしまうケースも少なくはありません。

 

 

*実績があるリフォーム業者かどうか

胃の手術が受けたいのに、経験豊富だからと脳外科医の方に手術の依頼はしませんよね。
同じように、希望するリフォームをかなえてくれる可能性が高いかは、その場所のリフォームに関する実績があるのかどうかにかかってきます。
では、実績を見極めるにはどうすればよいのでしょうか?
答えは、リフォームの提案力です。
過去の工事実績を反映させた質の高いリフォームプランをたくさんもっているところは、良いリフォーム業者と言えるでしょう。

*団体や組合に加入しているか否か

いくら実績やコスパがよくても、信頼に足る業者でないと安心して任せられません。

現在リフォーム業界には【国土交通省の登録団体制度】というものが存在しています。

2014年9月より住宅リフォーム事業者団体登録制度として創設されました。

住宅リフォーム事業者団体登録制度とは、消費者が安心して事業者を選び、リフォームを行うことができる環境を整えるため、2014年9月より国土交通省によって創設された制度です。

これらの団体への加盟が許されている業者は、少なくとも悪徳業者ではないと言えるでしょう。

このマークは、この制度で登録された優良な団体と

その団体に所属するリフォーム事業者だけが使用できるマークです。

*保障・アフターサービスは充実しているか。

工事中に隣の家を傷つけてしまったり、騒音被害を出してしまったりすることは想像できます。
こういったトラブルに対して保証してくれる会社や、工事後のメンテナンス等のアフターサービスがしっかりしている業者を選ぶようにしましょう。
「とても安い施工費だと思ったら、保証やアフターサービスのない業者だった。」という状況になりかねません。

 

□まとめ

リフォーム業者を選びのポイントを4つ紹介していきました。
細かくみていけば、さらに多くのポイントがあるかと思います。
しかし、本記事で紹介した基本の4つも重要なので、ぜひリフォーム業者選びの参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。