親の家をどうするかわからない方へ!後始末について解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
親の家をどうするかわからない方へ!後始末について解説します

新潟市周辺で親の家の後始末についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
親の家が誰も住んでいない空き家となる前に、親の家をどうするのか考える必要があります。
そこで、今回は親の家の後始末について解説します。

親の家の後始末が必要な理由を解説!

□親の家の後始末が必要な理由を解説!

親が亡くなった場合や親と一緒に暮らすことになった場合に、親が住んでいた家をどのようにしたら良いかわからない方は非常に多いです。

親の家の後始末が必要な理由として最も代表的なのは、空き巣対策です。
誰も住んでいない家は、空き巣にとって好都合です。
特に、また今度やろうと思い、家の中に荷物を置いていた場合は非常に危険です。

空き巣だけでなく、空き家状態を維持しておくのは、家の老朽化の原因にもつながるため非常に危険です。
空き家は、定期的なメンテナンスができない分、老朽化のスピードも非常に早いです。
老朽化に気づかずに、家に足を入れた際に、床に穴が開くなんてことも考えられます。
そのため、空き家にならないように後始末が必要となります。

また、もう1つの理由として、固定資産税がかかってしまうことも挙げられます。
放置された家は、特定空き家という扱いとなり、固定資産税の優遇措置が取れず高い税金を納めなければならないこともあります。

さらに、特定空き家の最終的には、強制的に取り壊されることとなるため後始末は必須と言えます。

□親の家の後始末の方法について解説!

親の家の後始末の方法は大きく2つあります。
それは、売却するか相続するかのどちらかです。

更地にしてからの売却は、使用目的が複数考えられるため買い手が見つかりやすいです。
中古住宅としての売却でも、解体費用がかからないため売り手としては有難いでしょう。

ただし、修繕費用がかかってしまったり、固定資産税の特例が受けられなくなったりするというデメリットがあります。

相続する場合、賃貸として利用するか、ご自身が住むかの2つの選択肢があります。
賃貸として利用する場合、修繕費や維持管理などの責任を負う必要があります。
ご自身が住む場合は、維持費用が100万円単位で発生してしまう可能性があります。

どちらの方法にしてもメリットとデメリットがあります。
どの方法が最善かしっかりと見極めることが大切です。

親の家の後始末の方法について解説!

□まとめ

今回は、親の家の後始末について解説しました。
親の家の後始末は、面倒臭いからと放置する方が多いですが、放置するとさまざまなデメリットが生じます。
ぜひ、今回の記事を参考に親の家の後始末方法を検討してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。