親の家をリフォームするときにかかる贈与税について紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
親の家をリフォームするときにかかる贈与税について紹介します!

家をリフォームしようと計画すると、各費用に加え、税金などの支払いも必要になります。
自宅ではなく親の家のリフォームを計画すると、かかる費用が変わることをご存じでしょうか。
そこで今回は、親の家のリフォームをする際の税金について紹介します。
親の住宅のリフォームをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

親の家をリフォームするときの税金について

□親の家をリフォームするときの税金について

まず、自分の両親など直系の家族から資金援助を受けた場合です。
一定の条件を満たしたリフォームを行うと、一定額までの贈与税が非課税になる制度があるので、当てはまるかどうか、また金額はどうなるかを把握しておきましょう。
資金援助を受けてのリフォームをお考えの方は、国税庁のサイトなどで確認しましょう。

次に、相続時精算課税制度です。
60歳以上の両親または祖父母から、20歳以上の子が援助を受けた場合に利用できる制度で、この際にかかる税金は相続税となり、税率が変わるので注意しましょう。
一度選択すると変更ができないのでデメリットも考慮するようにしましょう。

最後に、贈与税の特例や非課税枠は、併用可能かどうかです。
贈与税の暦年課税110万円は、基礎控除にあたるため、資金援助をうけた際の非課税制度との併用が可能になります。
申告をする際に、注意しておくようにしましょう。

□税金節約の方法について

住宅の贈与や親子間での売買など、大きな金額のお金が動くため、それに伴い税金も大きな額が請求されてしまいます。
税金を節約できる制度や方法がいくつかあるので確認して、活用しましょう。

1つ目は、売却して名義を変更する方法です。
親子間での売買を経て、贈与をする方法ですが、この場合は贈与税が課せられない上、評価額より低い値段で子に売り渡した場合、譲渡所得税もかかりません。
古い住宅の場合は、売却で名義変更することをお勧めします。

2つ目は、譲渡して名義を変更する方法です。
親子間での譲渡は、贈与を受けた子供側に贈与税がかかりますが、値段によって税率が変わるので低い値段であればあるほど税率は下がります。
また相続時精算課税精度を使えば、2500万円まで非課税になります。

税金節約の方法について

□まとめ

この記事では、親の家のリフォームにかかる税金と節約方法について紹介しました。
大きなお金が動くものなので、使える制度を使うようにして抑えることができる部分はできる限りお得に済ませられるといいですね。
新潟市周辺で、住宅リフォームをお考えの方はぜひ一度当社にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。