リフォームをお考えの方必見!キッチンの種類とキッチンリフォームのポイントを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
リフォームをお考えの方必見!キッチンの種類とキッチンリフォームのポイントを紹介!

キッチンの種類は1つではないため、リフォームする際にどの種類にするか悩んでしまいますよね。
それぞれに特徴があるため、この記事ではキッチンの種類やキッチンリフォームのポイントについて紹介します。
新潟市周辺でキッチンリフォームをお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

キッチンの種類について

□キッチンの種類について

*壁付けキッチン

壁付けキッチンとは、キッチンの前面が壁に接しているタイプのキッチンのことを指します。
日本の家庭で導入されていることが多く、見たことがある方も多いでしょう。
リビングやダイニングにいる人たちとコミュニケーションは取りづらいですが、キッチンが散らかっていたとしてもある程度隠しやすく、調理スペースがコンパクトにまとまっている特徴があります。

 

*対面キッチン

対面キッチンとは、リビングやダイニングに対面する形で調理できる開放的なタイプのキッチンのことを指します。
キッチンで作業しながら、リビングやダイニングにいる人たちとコミュニケーションが取れるという特徴があります。
さらに、テレビを見たり、お子様やご家族の様子を見たりしながら作業できるため、目を離せない年頃のお子様がいる場合でも安心できるでしょう。

 

□キッチンリフォームのポイントとは?

ここからは、キッチンリフォームのポイントを3つ紹介します。

1つ目は、誰にとって使いやすいキッチンにするのかを考えることです。
誰がどのようにキッチンを使うのかを想定して、キッチンの広さやレイアウトなどを決めていきます。
ワークトップの幅やカウンターの高さは、使う頻度が高い人に合わせて決めることがおすすめです。
一般的には、カウンターの高さは、「身長の半分の高さに5センチ加えた高さ」が良いと言われています。

2つ目は、キッチンの使い方を考えることです。
近年はキッチン・リビング・ダイニングが同じ空間にある開放的な間取りが主流ですが、調理に集中したい方の中には独立型キッチンを選択する方もいらっしゃいます。
キッチンの使い方によって、適切な間取りは異なるため、ご自身にあったキッチンの使い方を見つめましょう。

3つ目は、収納量や生活動線を考えることです。
ご自身がキッチンにどれくらいのものを収納するのかを把握して、適切な収納量を見極めておきましょう。
収納が足りないと物が溢れかえってしまい、反対に収納が多すぎると無駄なスペースが生まれてしまいます。
また、収納量だけではなく、収納した物の出し入れがしやすい動線にすることも重要なポイントの1つです。

キッチンリフォームのポイントとは?

□まとめ

キッチンには壁付けキッチンと対面キッチンがあり、それぞれに特徴があるため、ご自身に適したタイプを選ぶと良いでしょう。
また、キッチンリフォームをする際は、誰にとって使いやすくするのか、キッチンをどのように使うのかなどを考えることがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。