リフォームでお風呂の増築をお考えの方へ!費用と注意点について解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
リフォームでお風呂の増築をお考えの方へ!費用と注意点について解説!

「リフォームでお風呂を増築する際の費用について知りたい」
「増築の際の注意点について知りたい」
新潟市でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
せっかくリフォームをするのであれば、注意点を押さえて後悔を防ぎたいですよね。

そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。

お風呂の増築にはどれくらいの費用がかかるのかについて

□お風呂の増築にはどれくらいの費用がかかるのかについて

皆さんは、お風呂の増築にどれくらいの費用がかかるのかご存じでしょうか。
経験がない方は、まったく想像できないのではないでしょうか。
そこでまずは、かかる費用とタイプ別の相場を解説します。

かかる費用は、お風呂の価格と取付工事費用です。
本体価格だけを考えてしまい、取付工事費用について把握できていなかったというようなことが起こると、想定外の出費となってしまいますので、正しく把握しておきましょう。

また、設置するスペース分の増築工事費用が必要です。

在来工法のお風呂の場合、計70から85万円ほどが相場です。
ユニットバスの場合、74万円から114万円ほどが相場です。
このタイプは、グレードごとの値段によって費用が変動するので押さえておきましょう。

□増築の際の注意点について

ここまで、費用について解説しました。
予算の目安になったのではないでしょうか。
そこで続いては、増築の際の注意点についてご紹介します。
注意点について知らずにリフォームをすすめてしまうと、失敗や後悔を招く恐れがありますので、ぜひチェックしておきましょう。

注意するべきことは、確認申請が必要であるということです。
床面積が増えた場合には、確認申請が必要であり、増築はこれに当てはまります。

防火地域や準防火地域にお住いの方は、増築する面積に関係なく申請が必要です。
これら以外の地域である場合、10平方メートルを超えない増築であれば、申請する必要はありません。

浴室のみの増築であれば、超えない場合が多いため、対象外となるでしょう。
ただし、この基準を超える面積の増築を行った場合には申請が必要ですので注意が必要です。

ご自身だけで判断するのは難しいため、リフォームの担当者に相談してみると良いでしょう。

増築の際の注意点について

□まとめ

今回は、新潟市でお風呂の増築リフォームをお考えの方に向けて、費用について、また、注意点について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、増築を行ってくださいね。
ご不明点がありましたらいつでもご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。