バリアフリーの事例を紹介!新潟市でリフォームを考えている方へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「新潟市の家を、バイアフリーにリフォームしたい!」
「リフォームでどんなバリアフリーにできるのか知りたい!」
歳をとってくると、楽に家事ができて、体に負担の少ない家にしたいですよね。
しかし、バリアフリーといわれても、どうリフォームしたらいいか、わからないですよね?
今回はバリアフリーのリフォームのポイントを事例とともに詳しくご紹介いたします。

□バリアフリー工事の基本

高齢化社会が深刻になっている日本では、家をバリアフリーにされる方も多いです。
バリアフリーにリフォームする時にかかる費用は、オプションによってもさまざまです。
リフォームには長い時間がかかります。
入念に考えなければ、後悔することもあります。
そのためにも、多くの事例を見ておきましょう。

□バリアフリーの事例

バリアフリーにするといっても、どこをリフォームしたらいいか分からない方が多いようです。
そこで、室内の危険をなくすためのバリアフリーをご紹介します。

*段差

歳をとると、段差にとても苦労します。
少しの段差でも、できるだけ解消しておきましょう。
万が一のためにも、自分が車いすに乗る時のことを想像することが重要です。
床が平面なら、車いすの移動でも簡単です。
特に、玄関には気を付けましょう。
玄関に段差があると、靴を脱いでから、車いすを廊下に上げるのは困難です。
最悪、けがをする恐れもあります。

*扉

扉も、バリアフリーに特化したものが多くあります。
扉を押して開けるタイプの場合、車いすの方にとってはとても不便です。
引き戸タイプの扉がおすすめです。
弱い力でも、簡単に開閉できます。

*手すり

廊下や階段には、手すりを付けることをおすすめします。
手すりがあると、転倒の心配もありません。
階段での移動は、高齢者にとって、とても危険です。
階段は、踏み幅を広くし、高さも低くしましょう。
トイレにも手すりは必要です。
トイレは何かと、必要な動作が多い場所ですので、手すりがあると安心します。

*床

床は滑りにくい材質のものにしましょう。
特に、浴室はとても重要です。
浴室は家庭内での事故が多い場所です。
うっかり足を滑らせないように、床面を変更する方も多いです。
浴室にはもう1つポイントがあります。
それは暖房設備です。
浴室と浴槽の温度差によって、溺死する事故が多発しています。
なるべく、温度差がないように、浴室に暖房設備を設置しましょう。

□まとめ

今回は、バリアフリーリフォームの事例と、ポイントをご紹介させていただきました。
自分がやってみたいリフォームの事例は見つかったでしょうか?
当社では、さまざまな補助金制度を熟知しており、あなたに最適でお得なプランをご提案できます。
お悩みのお客さまのために、全力でサポートさせていただきます。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。