音が気になる方必見!新潟市で防音リフォームをするには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「寝室やお風呂場などで音が気になっているから、リフォームがしたい!」
「音に関するリフォームについて教えてほしい!」
家のリフォームをするときに、音に関して不満をもっている方は多いようです。
しかし、音に関してどのようにリフォームをしたらいいか分からないですよね?
今回は、新潟市の方へ音に関するリフォームについて詳しくご紹介いたします。

□リフォームする前に

まずは、なぜ防音にリフォームしたいのか考えましょう。
リフォームにはそれなりの費用がかかります。
そのため、リフォームをした後の完成形をイメージしましょう。
どういう要素が必要で、何を取り入れたいのか明確にすることが重要です。
自分が気になっている音の種類も明確にしましょう。
例えば、外から聞こえる音なのか、自分の家からでる音なのか、などです。
お客さまによって、さまざまですので、自分の不満点を確認しましょう。

□防音リフォームの基礎知識

遮音と吸音の違いをご存じでしょうか。
それぞれの違いを知っておきましょう。

*遮音とは

リフォームで防音対策をしたいなら、まずは遮音について検討しましょう。
遮音は空気中の音を遮ることです。
そして、室外に音が伝わらないようにします。
しかし、遮音にはデメリットもあります。
遮音は、音を跳ね返す仕組みを利用しています。
遮音性にはバランスが必要です。
室外と室内の音の調整をしましょう。
重い素材のものは遮音性に優れています。

*吸音とは

音を吸収して、音の反射や反響を防ぐことを吸音といいます。
防音措置として吸音したい場合は、グラスウールやロックーウールなどのウール素材を使います。
これらの素材にはたくさんの小さな穴が開いています。
その穴が、音を吸収して、音の反射をおさえる効果を発揮します。
吸音のポイントとしては、室外への音漏れを防ぐことと、室内の音がきれいに聞こえることが挙げられます。

□防音対策のポイント

まずは音の遮音性から考えていきましょう。
ちょうどいいバランスの遮音効果は防音効果として抜群です。
そのあとに、吸音性の面についても考えましょう。
防音対策は遮音性と吸音性をマッチさせることが大切です。
それぞれの良さをいかしながら、理想の防音対策を見つけてください。

□まとめ

今回は、音に関するリフォームについてご紹介させていただきました。
具体的にどのようなリフォームにしたいか想像できましたか。
当社は、多くの家族にお手頃価格で健康的な楽しい家を提供したいと考えています。
ご不明な点がございましたら、ぜひ一度当社までお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。