洗面所の床の汚れが気になったらリフォームしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
洗面所の床の汚れが気になったらリフォームしよう!

「最近、洗面所の床の汚れが気になる」とお悩みではありませんか。
洗面所は水を頻繁に使うので劣化しやすく、更に浴室が近いと湿気も溜まりやすい場所です。
放置したままだと、下地や土台まで腐食してしまうかもしれません。

今回は、洗面所の床のリフォームについて解説します。
ぜひご覧ください。

洗面所の床をリフォームするタイミングとは?

□洗面所の床をリフォームするタイミングとは?

ご自宅の洗面所で使用されている床材や劣化状況によって異なりますが、基本的には10年から15年ほどで床のリフォームが必要になります。
洗面所は水気や湿気がこもりやすいので、他の場所よりもこまめにリフォームしましょう。

洗面所の床の劣化がひどいのであれば、先程ご紹介したタイミングよりも早くリフォームをご検討ください。
例えば、以下のような症状が見られたら要注意です。

・床材がふやけていたり、柔らかかったりする部分がある
・磨いても汚れが落ちない
・剥がれや割れがある
・カビが発生している

このまま放置してしまうと、床材だけでなく、床下まで腐食してしまう可能性があります。
できるだけ早めにリフォームすることをおすすめします。

□洗面所の床材の種類をご紹介!

1つ目は、クッションフロアです。
ビニール製なので、汚れや水に強い性質があります。
他の床材よりも安く、デザインも豊富なのが魅力です。
しかし、定期的に張り替えることが前提なので、耐久性は高くありません。

2つ目は、フロアタイルです。
塩化ビニール製で、本物のような質感が見事に再現されています。
傷がつきにくく、水にも強いですが、床材の隙間から水が入り込む可能性があります。
また、他の床材よりも価格が高いので注意しましょう。

3つ目は、タイルです。
陶器製で高級感があるので、おしゃれでスタイリッシュな洗面所にしたい方に選ばれています。
耐久性が高く、水回りに適した性質を持っていますが、触れた時にひんやりとするので冬場は工夫した方が良いかもしれません。

4つ目は、フローリングです。
全面所にフローリングを選ぶ場合は、水回りに適した複合フローリングがおすすめです。
無垢材は水に弱く、ワックスをかける必要があるのであまり適していません。

洗面所の床材の種類をご紹介!

□まとめ

今回は、洗面所の床のリフォームについて解説しました。
洗面所は他の場所よりも劣化しやすいので、こまめにリフォームする必要があります。
そのまま放置すると劣化が進み続け、かえって修繕費用がかかることになりかねませんのでご注意ください。
新潟市近郊でリフォームをお考えでしたら、ぜひ当社にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。