建て替えの際に挨拶回りをするべき理由とは?挨拶回りのタイミングも併せて解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替えの際に挨拶回りをするべき理由とは?挨拶回りのタイミングも併せて解説!

家を建て替える際にいつ挨拶回りに行けば良いのか悩んでしまいますが、おすすめのタイミングが存在します。
この記事では、挨拶回りをするべき理由や挨拶回りのタイミングについて紹介します。
新潟市周辺で建て替えをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

建て替えの際に挨拶回りをするべき理由は?

□建て替えの際に挨拶回りをするべき理由は?

1つ目は、建て替えの際に近隣の方に迷惑がかかるからです。
一般的には住宅を解体して建て替え工事を行うと、着工から完成まで約6ヵ月から9ヵ月の期間が必要です。

この期間中に近隣の方に騒音や粉塵の飛散などで迷惑をかけ、少なからず生活に影響を与えてしまいます。
挨拶をしなければ、不満や不信感を抱く方が出てくる可能性があるため、事前に挨拶をして、工事が始まる日にちと終わる日にちなどを伝えるようにしましょう。

2つ目は、工事関係車両の出入りがあるからです。
工事期間中は工事車両が何度も工事現場に出入りします。

例えば、解体工事では解体用の重機や廃材を運搬するトラック、コンクリートを打つ場合はコンクリートポンプ車などです。
日中に路上にずっと停車させたまま作業する場合もあるので、道を閉ざしてしまい近隣の方に迷惑をかけることになります。
また、車の出入りが増えると交通事故につながってしまう可能性もあります。
こうした危険性を少しでも軽減するために、事前に挨拶が必要なのです。

 

□挨拶回りのタイミングについて

建て替えの挨拶は建て替え前後の2回が目安です。
1回目は工事前にこれから迷惑をかけてしまうことを詫びる気持ちを伝え、2回目は工事が終わった後に感謝の気持ちを伝えます。

挨拶回りのタイミングは、建て替え工事が始まる2週間前がおすすめです。
その理由は長期に渡って工事が続くため、できるだけ早く近隣の方にお伝えした方が親切であるからです。
また、建て替え工事が始まる直前は仮住まいへの引っ越し作業に追われて忙しくなるため、2週間前に挨拶に行くことがおすすめです。

挨拶に行く時間に関しては、休日の昼過ぎから夕方までの間が基本です。
平日は仕事で家を空けている方が多く、休日の午前中は寝ている方が多くいらっしゃるため、休日の昼過ぎから夕方までの時間に挨拶に行くのが良いでしょう。

挨拶回りのタイミングについて

□まとめ

この記事では、挨拶回りをするべき理由や挨拶回りのタイミングについて紹介しました。
それぞれについて理解していただけましたでしょうか。
挨拶回りのタイミングでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。
また、建て替えについて相談したい方は、お気軽に当社までご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。