建て替えのタイミングとは?築年数から建て替え時期を見極めましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替えのタイミングとは?築年数から建て替え時期を見極めましょう!

家を建て替えるタイミングにお悩みの方は多くいらっしゃると思います。
この記事では、木造や鉄骨、鉄筋コンクリートそれぞれの築年数の寿命や、住宅に長く住むコツをご紹介します。
新潟市周辺で住宅の建て替えをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

種類別に住宅の寿命をご紹介します

□種類別に住宅の寿命をご紹介します

ここでは、木造や鉄骨、鉄筋コンクリートの築年数の寿命をご紹介します。
住宅の中で最も寿命が長いタイプの住宅は、鉄筋コンクリートの住宅が挙げられ、寿命は約40年から90年ほどです。
木造住宅と鉄骨住宅の寿命はさほど変わらず約30年ほどですが、鉄骨住宅の方が若干木造住宅より長いです。
住宅の寿命は、全てのケースが劣化によって解体されたわけではなく、まだ住めるのにも関わらず更地にするケースも多くあります。
そのため、住宅の寿命だけでどの住宅構造が優れているのかを判断することは危険です。

 

□住宅に長く住むためのコツとは?

住宅に長く住むためには、適切なメンテナンスを行う必要があります。
ここでは、長く住むために必要なメンテナンスを具体的にご紹介します。

 

*外壁

家の外壁の断熱性や防水性を復活させるためには、10年から15年の間もしくは、20から25年の間に一度塗装替えをする必要があります。
また、サイディングの継ぎ目やサッシ周りなどの隙間を補修することも大切です。
この時、軒裏や雨桶などの細かい部分も点検するといいでしょう。

 

*内装

床の張り替えは約10年に一度と言われていますが、美観的に問題を感じなければ必ずしも張り替えをする必要はありません。
しかし、フローリングの場合は半年ごとにワックス掛けを行うことが理想的です。
点検は5年ごとに行い、気になるところがあればその都度補修するようにしましょう。

 

*水回りの設備

水栓やパッキン、配管は5年ごとに点検を行い水漏れや配管の漏れ、劣化といった不具合がないかを確認し、不具合があれば交換する必要があります。
10年から20年で水洗器具本体は寿命を迎えるため、自宅の水洗器具が寿命である場合は交換を検討することをおすすめします。
また、メンテナンスだけでなく、日頃からこまめに掃除することも長く住宅に住むために必要なことです。
特に水まわりや、外周部は日頃から掃除しておくことで、不具合に早く気づけます。

住宅に長く住むためのコツとは?

□まとめ

この記事では、種類別の住宅の寿命や、住宅に長く住むために必要なメンテナンスを具体的にご紹介しました。
住み方次第で、住宅の寿命を延ばすことが可能です。
家の建て替えを検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。