建て替えをする際の注意点とは?建て替えの流れも解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

建て替えをお考えの方にぜひ知っていただきたいのが段取りについてです。
建て替えは既存の建築物を取り壊してから新たに建築するため想像以上に時間がかかる場合があります。

そこでこの記事では建て替えの段取りや建て替えする際の注意点についてご紹介します。

□建て替えの段取りをご紹介

建て替えとリフォームの異なる部分は、既存の建物を壊して新しく家を建てるか、既存の家の基礎を残したまま家の形や面積を変えるかです。
ここでは建て替えの段取りについてご紹介します。

まず建て替えすると決めたら、建物を解体してくれる業者を探しましょう。
そして、建て替えしている最中は家に住めないため、仮住まいのための準備が必要です。
仮住まいのための家探しをして、荷物をまとめましょう。

次に実際に家を解体するためには家を片付けなければなりません。
そして電気やガス、インターネットなど一度すべて止めておくようにしましょう。
この時に仮住まいのための電気やガス、インターネットの契約をしておくことをおすすめします。

最後に住民票の転居届を出すことを忘れないようにしましょう。
この作業を忘れてしまうと市のサービスを受けられない可能性があるため気を付けましょう。

住所を変更すると身分証明書の変更も必要となってくるためなるべく同じ市内に仮住まいができるなら、そちらをおすすめします。

□建て替えする際の注意点とは

*建て替えが可能かあらかじめ確認しておく

建て替えが可能な家と建て替えが不可能な家が存在することをご存知でしょうか。

例えば都市計画法によって建て替えの際に今より小さい土地に建て替える必要のある家があれば、建て替えができない地域に定められ建て替え不可能な家になっている場合もあります。

法律によって建て替えの条件に規制がかかることがあるため確認しておくことをおすすめします。

*家庭内でよく話し合っておく

ご自身で建てた家ではなく、ご両親が建てた家もしくはその親世代に建てられており、親戚が長い間暮らしていた場合には建て替えをしても良いか親戚やご家族に確認するようにしましょう。

家の形や見た目、間取りに思い出が詰まっているかもしれません。
今後建て替えによって家族間にトラブルが起きないようにあらかじめ許可を取ることをおすすめします。

□まとめ

この記事では建て替えの段取りや建て替えする際の注意点について紹介しました。
建て替えの際は行わなければならない作業が多いですが、ご家族、親戚が納得した家をつくれるように注意点やポイントを押さえておきましょう。

当社はお客様の理想の住宅を実現しますので、ぜひお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。