建て替えをご検討されている方へ!注意点や仮住まいについて解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替えをご検討されている方へ!注意点や仮住まいについて解説します!

「建て替えの注意点を知りたい」
「仮住まいの選び方について知りたい」
この記事をご覧の方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、新潟市にお住まいの方に向けて、建て替えの注意点、また建て替え工事をおこなっている間の仮住まいについて詳しく解説します。

建て替えの注意点を紹介します!

□建て替えの注意点を紹介します!

ここでは建て替えの注意点を紹介します。

1つ目は、地盤調査が必須であることです。
地盤調査は必要ないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、古い建物であれば地盤調査が行われていないことがあります。
逆に過去に地盤調査が行われていても、今打たれている杭を撤去しなければならないことがあります。
そのため、建て替えの際には地盤調査が必須なのです。

2つ目は、解体にかかる費用です。
解体費用は想定している以上に高くなる場合があります。
具体的には、鉄筋コンクリート造りや鉄骨造で想定以上の大きな基礎である場合です。
他にも、道路が狭くて重機が入れない場合や庭や離れを壊さないように配慮しなければならない場合にも費用が高くなりやすいです。

3つ目は、市街化調整区域では建て替えできない可能性があることです。
市街化調整区域とは、原則として新たに家を建てられない地域のことで、都市計画法で定められています。
ただし、1970年の指定日以前から宅地として登記されていること、かつ現在まで継続して宅地である場合に限り建て替え可能です。
具体的には、自治体によって異なるためご自身で確認してみてください。

4つ目は、給水管の交換です。
30年前ほどの建物の給水管の直径はおよそ13ミリメートルです。

しかし、現在では20ミリメートルが一般的となっています。
これは以前に比べて水圧が高い必要があるからです。
そのため、建て替えの際に給水管の交換が必要となる場合があります。

□建て替え工事をおこなっている間の仮住まいについて紹介します!

仮住まいには、賃貸の戸建て住宅やアパート、マンスリーマンションなどが使用されます。
また、実家に使用されていない部屋や離れがある場合には、実家を仮住まいにされる方もいらっしゃいます。

建て替え工事をおこなっている間の仮住まいについて紹介します!

□まとめ

今回は、新潟市にお住まいの方に向けて、建て替えの注意点、また建て替え工事をおこなっている間の仮住まいについて紹介しました。
建て替えの際は、今回紹介した注意点に気をつけてくださいね。
この記事が建て替えを検討される際の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。