建て替えの費用とは?30坪の場合で解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替えの費用とは?30坪の場合で解説します

新潟市周辺で建て替え費用についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
建て替え費用は決して安いものではありません。
だからこそ、しっかりと費用について理解する必要があります。
今回は、30坪を例に挙げて、建て替え費用について解説します。

建て替えにかかる費用の内訳について解説!

□建て替えにかかる費用の内訳について解説!

建て替え費用には、さまざまな費用が含まれています。
ここでは、そんな建て替え費用の内訳について詳しく解説します。

1つ目の費用は、解体工事費です。
家を建て替える際に、既存の住宅を解体するための費用がかかります。
既存の住宅の解体費用は、木造住宅の場合に1坪4万円〜5万円、鉄骨造の場合に1坪6万円〜7万円程度と言われています。

既存の住宅が木造住宅で延床面積が30坪の場合、120万円〜150万円程度の解体工事費がかかります。
もちろん、既存の家の広さや構造にも異なるため、あくまでも目安として考えましょう。

2つ目の費用は、仮住まいや引越し費用です。
建て替えの場合、仮住まいと2回分の引越し費用が必要不可欠です。
既存の住宅の解体工事に1ヶ月〜1ヶ月半、新築工事に3ヶ月程度期間を要します。

そのため、仮住まいの期間は、余裕を持たせる意味でも6ヶ月を見込んでおくと、工事期間が伸びた際でも安心です。

仮住まいを家賃15万円の賃貸物件にする場合、家賃1ヶ月分の仲介手数料と6ヶ月分の家賃が必ず必要となるため、105万円程度は前もって用意しておくことをおすすめします。

また、これに加えて、2回分の引越し費用もかかります。
引越しには、エアコンの設置や洗濯機の設置、インターネット回線なども必要となるため、真夏や真冬といった季節には、思っているよりも引越し費用がかかります。
季節やタイミング、家族人数などを考慮して、費用は前もって準備しておきましょう。

3つ目の費用は、測量費です。
注文住宅の場合、設計のために測量を行います。
そのため、その測量費がかかってきます。
設計するための測量は、現況測量という比較的簡単なもので、費用は20万円〜40万円程度を見込んでおくと安心です。

4つ目の費用は、地盤調査費用です。
一般的な地盤調査の場合、費用は5万円〜10万円程度です。

5つ目の費用は、新築工事費用です。
建築費の坪単価は住んでいる地域によって異なりますが、おおよそ1坪80〜100万円です。

6つ目の費用は、設計料です。
設計料には、着工後の施工状況を確認する監理料も基本的に含まれます。
新築工事費が2700万円の場合、設計料は54万円です。
ぜひ、目安として参考にしてください。

7つ目の費用は、印紙税、不動産取得税、登録免許税です。
これらの税金は必ず納めなければなりませんが、必要な書類や費用は異なるため注意しましょう。

他にも、火災保険料や住宅関連手数料などもかかります。
費用の内訳を理解し、スムーズに手続きしましょう。

□建て替えで失敗しないコツを解説!

建て替えで失敗しないコツは以下の通りです。

・高齢者に優しい構造にする
・住宅ローン審査に備えておく
・インターネットなどの情報などを参考に家族と相談しておく

これらのコツを参考に失敗しない工夫をしましょう。

建て替えで失敗しないコツを解説!

□まとめ

今回は、建て替え費用について解説しました。
建て替え費用は、ただ建て替えの費用だけではなく、さまざまな費用が含まれています。
費用の内訳を知ることで、スムーズに準備できます。
ぜひ、今回の記事を参考にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。