建て替えを検討中の方必見!建て替え費用の相場を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替えを検討中の方必見!建て替え費用の相場を解説します

新潟市周辺で建て替えをお考えの方は、建て替え費用の相場をどれほどご存じでしょうか。
面積や階数、設備のグレードによって費用は異なります。
ある程度の費用相場を把握することで、準備しやすくなるでしょう。
そこで、今回は、建て替え費用の相場について解説します。

建て替え費用の相場について解説!

 

□建て替え費用の相場について解説!

建て替えでは、土地が既にある状態なので、土地代は基本的には、かかりません。
ただし、建て替えの際に、地盤や土台も改善が必要な場合には、別途で土地に関する費用がかかってきます。

20坪の場合、費用は1500万円〜2500万円かかります。
30坪の場合、費用は3000万円前後がかかります。
40坪の場合、費用は3500万円〜4500万円ほどが必要です。

20坪や30坪は、比較的コンパクトな工事で済むことが多く、2000万円〜3000万円ほどで建て替えられます。
40坪になると、ある程度広さに余裕が生まれるため、費用はかかります。
ただし、キッチンやリビングは20坪や30坪に比べ広く取れ、すっきりと開放感のある空間になるのがメリットと言えます。

また、坪数だけでなく、建物の階数によっても費用は異なってきます。
平屋は維持費を抑えられたり、動線をシンプルにできたりしますが、平屋専用の材料が少ないことで、2階建てよりも建て替えの初期費用がかかることが多いです。
さらに、2階建てと3階建てであれば、3階建ての方が使免責が広い分、建て替え費用も高くなるので、予算を考慮したうえで階数を決めると良いでしょう。

20坪でも1500万円からと、1000万円を超える建て替えですが、総額を1000万円以下でできる場合もあります。
ただし、その場合、狭い住宅になったり、設備やシンプルになったりと、質にこだわる方には、不向きと言えるでしょう。

 

□建て替えで費用を節約するポイントについて解説!

建て替えで費用を節約するポイントはいくつかあります。
そんなポイントは以下の通りです。

・給付金や補助金、減税措置を利用する
・解体工事と建築工事はまとめて依頼する
・できる限りシンプルな間取りや形、設備を選択する
・二世帯住宅は完全分離型にしない
・仮住まいや引越し費用はできる限り抑える

これらのポイントを把握するだけでも、かなり費用は節約できるでしょう。
ぜひ、参考にして下さいね。

建て替えで費用を節約するポイントについて解説!

 

□まとめ

今回は、建て替え費用の相場について解説しました。
建て替え費用は、決して安いものではなく、すぐに準備できるものでもありません。
だからこそ、事前に費用相場について把握してする必要があります。
ぜひ、今回の記事を参考に、スムーズな建て替えにして下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。