建て替え時に使用できる補助金とは?利用できる理由とともに解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替え時に使用できる補助金とは?利用できる理由とともに解説します!

住宅で建て替えを行う際、補助金を受けられる制度があります。
住宅を建て替える際に、費用の補助を受けられるととても助かりますよね。
しかし、どのように補助金を受けられるのか分からない方も多いはずです。
そこで今回は建て替えで補助金が受けられる理由と解体の際の補助金について解説します。

建て替えで補助金を受けられるのはなぜ?

□建て替えで補助金を受けられるのはなぜ?

ここでは住宅を建て替える際にどうして補助金が受けられるのかについて2つの理由を解説します。

*街の景観や街並みに影響するため

生垣を作ったり、緑化のための工事を行ったりする際には、街の景観に大きな影響を与えるので、補助金を受けやすいです。
また、古い空き家や劣化したブロック塀を解体する際にも、補助金を受けやすいです。
これは、古い空き家やブロック塀をそのままにしておくと、放火されて火事になったり、劣化によって倒壊したりする可能性が高くなり、街並みに大きく影響するからです。

*経済効果が高いと見込まれるため

経済効果が高い建築にはエネルギーの収支がゼロ、またはプラスになるような住宅があります。
断熱性が高く、太陽光発電などを導入したゼロエネルギーハウスの建築を行う際に、補助を受けられます。

□解体と新築の補助金について

まず解体における補助金について解説します。

解体に関する補助金制度は国では設けられていませんが、自治体で設けられている場合があります。

自治体では、主に耐震化対策や不燃化対策などを目的とした補助金制度が設けていることが多いです。

日本は地震の多い国なので、補助金を利用して耐震性能を上げておくと、安心して暮らせるので良いですね。

次に新築における補助金について解説します。
新築に関する補助制度には、地域型住宅グリーン化事業という補助金制度が設けられています。

これは、国土交通省の採択を受けた事業者団体が建てる耐久性や省エネルギー性に優れた木造の住宅に対して受けられる補助金です。

この補助金は国土交通省による採択をうけたグループと呼ばれる事業者団体でしか補助を受けられないので、事前にチェックしておく必要があります。

解体と新築の補助金について

□まとめ

今回は建て替えで補助金を受けられる理由と解体と新築の補助金についてご紹介しました。
建物を解体したり、新しく住宅を立てたりする際には、たくさんの費用がかかります。
そのため、補助金を利用して費用の負担を減らすことが大切です。
新潟市周辺で住宅の建築を検討されている方は、ぜひ当社までご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。