建て替えをお考えのみなさまへ!補助金制度についてくわしくご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市近郊にお住いの方で住宅の建て替えをご検討中の方の多いでしょう。
建て替えの際に、補助金を受け取れることをご存じの方はいますか。
本記事では補助金制度についてご紹介いたします。
まだご存じではない方は、ぜひ参考にしてください。

□古い家の建て替えの際の補助金について

古い家にお住いの方は、補助金の対象となっているか不安でしょう。
そのような方も安心して補助金を受け取れます。

この補助金は、「老朽危険家屋解体工事補助金」と呼ばれる解体工事にかかる費用に対する補助金です。

つまり、建て替えにかかる費用を受け取ることはできませんが、解体にかかる費用を受け取れます。
解体工事にかかる費用は、意外と高いことが多いため、ぜひこの補助金を利用してみましょう。

住宅によっては、「危険廃屋解体撤去補助金」や「木造住宅解体工事費補助事業」などにも該当する可能性があります。
皆様の住宅工事が、どの補助金制度に当てはまるのか確認しましょう。
自治体が審査条件などを出してますので、参考にしてください。

□建て替えの補助金について

補助金制度の使用の実例をご紹介いたします。
補助金には、3つの種類がございます。

*取り壊し補助金

この補助金は、取り壊しにかかる金額を補助するものです。
具体的には、建物解体費用の補助とブロック塀解体費用の補助をしてくれます。

建物解体費用の補助では、家屋の取り壊しにかかる費用の何割かが補助されます。
ブロック塀解体費用の補助では、倒壊の危険性があるブロック塀を対象に、その取り壊し費用を一定額補助します。

*設備導入の補助金

この補助金は、設備の導入にかかる費用を補助します。
この設備は限定されており、太陽光発電、省エネ給湯器、合併型浄化槽、雨水タンクが対象となります。

太陽光発電は、発電量に比例した金額が補助されます。
省エネ給湯器と雨水タンクは、1台当たりの費用が補助されます。
合併型浄化槽は、その容量に対応した額が補助されます。

*緑化の補助金

緑化の補助金の対象となるのは、生け垣の設置と壁面や屋上の緑化です。
生け垣は、その長さと設置費用により補助金額は異なります。
壁面や屋上の緑化は、工事費用が一部補助されます。
ただし、施工業者に条件が付く場合もあります。

□まとめ

補助金制度についてご理解いただけたでしょうか。
中には、上限金額が設定されているものもあります。
補助金制度の利用をご検討中の方は、ぜひ当社までご相談ください。
具体的な費用の見積もりを行い、皆様にあった補助金制度を提案いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。