建て替えとは?その意味やタイミングをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替えとは?その意味やタイミングをご紹介!

「建て替えはどのタイミングで行うべきなのか」
このように疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
建て替えには、建て替えを行うタイミングや建て替えを考えるポイントがあります。
今回は、建て替えと建て替えのタイミングについてご紹介します。

建て替えとは

□建て替えとは

建て替えとは、既存の建物を取り壊して直すことを指します。

建て替えは、既存の建物を解体してから新たに建て直すので、解体費用が必要になります。
加えて、新築を建てるより余分に時間がかかります。
このとき、工事の期間中に仮に住む場所の確保が必要です。
建て替えの際は、あらかじめ準備が必要と言えます。

ただし、土地をすでに所有している方は、初めて家を買う人に比べると低予算で住み替えできるというメリットがあります。

 

□建て替えのタイミングについて

では、どのようなタイミングで建て替えを考慮すると良いのでしょうか。

建て替えは、一般的に新築から約30年経ったときがタイミングと言われていますが全ての家に当てはまるわけではありません。
築年数ではなく、家の劣化が目立ち始めたからメンテナンスを行いたい、二世帯住宅にしたい、親の実家を相続するなどのタイミングで建て替えを検討する方も多いです。
つまり、家の家族のライフスタイルが変化したときや、家が老朽化したときがタイミングと言えます。

ただし、先ほどもご紹介した通り、建て替えは既存の建物の解体を行います。
そのため、慎重に考慮する必要があります。

建て替えを検討するようになるのは、同じ家に長い間住んでいるからこそ感じる悩みがあるからです。
家の老朽化のためにメンテナンスを行ったり二世帯住宅にしたりするには、既存の家では解決が難しいと言えます。
家を新しくして、自分達の要望に合わせた生活や設備を取り入れて解決できる場合は、前向きに建て替えを検討しましょう。

また、1981年以前に建てられて木造住宅にお住まいの方もいらっしゃるでしょう。
その方は、積極的に建て替えを検討することをおすすめします。
1981年以前の木造住宅は、旧耐震基準に沿って建てられています。
そのため、耐震性を高めるためにも建て替えを検討しましょう。

建て替えのタイミングについて

□まとめ

今回は、建て替えと建て替えのタイミングについてご紹介しました。
建て替えのタイミングは人それぞれですが、家族のライフスタイルが変化したときや老朽化が目立ったときが建て替えのタイミングだと考えましょう。
新潟市周辺でリフォームをお考えの際は、ぜひ当社までお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。