建て替えを検討する時期について解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

建て替えをお考えの方はいらっしゃいませんか。
その場合、いつごろから検討し始めたら良いのかわからないですよね。
そこで今回は、建て替えを検討する時期を紹介します。

□建て替えを検討する時期とは

建て替えを検討する時期は主に3つに分けられます。

1つ目は、家族のライフスタイルが変化した時期です。
なぜなら、家族のライフスタイルが変わると、いままでなかったものが必要になることがあるからです。
例えば、お子さんが中学生になる場合、多感な時期であることから子ども部屋が必要になることが多いです。

そのため、いままで子ども部屋がなかったご家庭ではそれを新しく設けるために、建て替えを検討してみることをおすすめします。

2つ目は、住まいの老朽化が顕著になってきた時期です。
家の築年数が長いと、その分経年劣化していきます。
もし、その影響で老朽化が目に見えてわかるようになってくると、快適に過ごせないですよね。
そのため、老朽化が顕著になった際には建て替えを検討してみましょう。

3つ目は、耐震性能を改善する必要性が出てきた時期です。
木造の一戸建てであれば、およそ30年が建替えの目安と言われているため、そのタイミングで建替えを検討することが大切です。
特に、1981年より前に建てられた住宅は、旧耐震基準に沿って建てられているので注意が必要です。

□家の寿命が30年以上過ぎている場合の選択肢とは

先程およそ30年が建て替えの目安だと解説しましたが、では30年以上過ぎている場合の選択肢はどうようなものが挙げられるのでしょうか。
そこでここでは、その選択肢を2つ紹介します。

1つ目は、そのまま住み続けることです。
そのまま住み続けることを選択しても老朽化している場合は、リフォームするか建て替えるかを選ぶ必要があります。
もし、建て替えを選ぶ際には当社までご連絡ください。

2つ目は、売却して住み替えることです。
これまで住んでいた土地に住み続ける必要がない場合、住み替えを選ぶほうが賢明な場合もあります。
新しく取得する土地の費用や売却予定の住宅の価格によっては、その後住宅を購入する際に余裕が生まれることもあります。

□まとめ

今回は、建て替えを検討する時期や家の寿命が30年以上過ぎている場合の選択肢を紹介しました。
建て替えをお考えの方はぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社は、新潟市にて建て替えに関するご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。