建て替えをお考えの方へ!寿命と呼べる築年数を紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替えをお考えの方へ!寿命と呼べる築年数を紹介します!

「家の寿命について知りたい」
「建て替えのメリットとデメリットは何だろう」
この記事をご覧の方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、新潟市にお住まいの方へ向けて、材質ごとの寿命と呼べる築年数、またリフォームと建て替えのそれぞれのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

材質ごとの寿命と呼べる築年数を紹介します!

□材質ごとの寿命と呼べる築年数を紹介します!

住宅の寿命は使用されている材質によって変わってきます。

日本で主流の木造住宅はおよそ30年が寿命と言われています。
鉄骨住宅もおよそ30年から50年からほどです。
それに対してマンション等のコンクリート住宅の場合は、およそ40年から90年が寿命となっており、木造や鉄骨に比べて寿命が長いと言えます。

□リフォームと建て替えのそれぞれのメリット・デメリットを紹介します!

ここまで材質ごとの寿命を紹介しました。
木造住宅や鉄骨住宅はコンクリート住宅に比べて寿命が短いのでしたね。
では、寿命を迎えた際、リフォームと建て替えのどちらを選べばよいのでしょうか。
ここからは、リフォームと建て替えのそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

*リフォームのメリットとデメリット

リフォームのメリットは以下の3つです。

・工期が短くて済むこと
・コストが比較的安いこと
・各種税金を軽減できること

また、リフォームのデメリットは以下の3つです。

・一部だけしか改修できないなどの制約があること
・妥協しなくてはならないこと
・ローンが組みにくいこと

住宅の状況を見て、リフォームにするか検討しましょう。

*建て替えのメリットとデメリット

建て替えのメリットは以下の3つです。

・自由に設計可能であること
・不満をほとんど解決でき、妥協せずに済むこと
・ローンが組みやすいこと

建て替えのデメリットは以下の3つです。

・工期が長くなること
・コストが比較的高いこと
・各種税金がかかること

リフォームも建て替えも寿命を迎えたときの最適な選択肢ですが、どちらも一長一短です。
どうしたら良いかわからない場合は、専門業者に相談するのがおすすめです。
当社でも相談を受け付けておりますので、ぜひご連絡ください。

リフォームと建て替えのそれぞれのメリット・デメリットを紹介します!

□まとめ

今回は、新潟市にお住まいの方へ向けて、材質ごとの寿命と呼べる築年数、またリフォームと建て替えのそれぞれのメリット・デメリットについて紹介しました。
建て替えをご検討される際は、ぜひこの記事をお役立てください。
この記事が建て替えを検討される際の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。