新潟市で建て替えをしたい方へ!仮住まいの方法を紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「そろそろ家を建て替えたいな」
「建て替え中はどこに住んだらよいのだろう」
近頃、ご自宅を建て替えたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
建て替えしている間はご自宅に住むことができないため、他の場所で生活する必要があります。
この記事では、仮住まいの方法を紹介します。

□仮住まいとは?

家を建ててから20~30年もすると、家もだいぶ傷んできますよね。
家が傷んでくると、建て替えをする必要があります。
建て替え中は家に住むことができないため、一時的に他の場所に住まなければなりません。
これを仮住まいといいます。
工事の期間にもよりますが、建て替えをすると数週間から数ヶ月の間、仮住まいをすることになります。
しかし、日本では賃貸契約をするとき年単位で契約をすることが多いです。
火災保険なども年単位のため、途中解約は難しいです。
そのため、仮住まいを行うのは費用もかかり、簡単ではありません。

□仮住まいの方法

仮住まいができる場所にはどのようなところがあるのかを紹介します。

*ホテル

短期間で工事が終わる場合にはホテルで済ませることもできます。
必要な家具や設備は揃っていますし、掃除もする必要がないのでとても便利です。

*ウィークリーマンション

こちらは週単位で契約できるマンションです。
火災保険などにも入らなくてよいので、仮住まいにも適しています。
しかし、基本的に一人暮らし向けとなっているため、家族が多い場合は2部屋以上借りる必要がある可能性もあります。
そうなってしまうと費用も高くなってしまうので、少人数家族向けとなります。

*通常の賃貸

多くの物件があるため、駅に近い場所やペット可能といった条件の希望を叶えやすくなります。
一戸建てを借りることもできるため、元の自宅と同じように生活することもできます。
しかし、費用はかかってしまうのが欠点です。
敷金や礼金が高い物件もありますし、仲介手数料なども必要となります。
年単位の契約であることが多いため、途中解約も難しくなります。

□仮住まいの費用を少なくするには?

仮住まいの費用を少なくするための方法には以下のようなものがあります。

*工事期間を短くする

工事期間が長いと当然、仮住まいにかかる費用も高くなってしまいます。
なるべく期間を短くできるように業者に相談しましょう。

*業者の紹介を利用する

建て替え業者が仮住まい用の賃貸物件を紹介してくれることがあります。
そのような物件は自分で探すより安いことがあります。

□まとめ

以上、仮住まいの方法を紹介しました。
それぞれの方法にメリットとデメリットがあるので、ご自身にあった仮住まいの方法を選んでみてください。
当社では、お客様に満足していただける住宅をご提案しています。
ぜひ一度ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。