立て替え時の仮住まいとは?探す際のポイントも紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
立て替え時の仮住まいとは?探す際のポイントも紹介します!

「建て替えの際の仮住まい先の選び方について知りたい」
新潟市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そのような方へ向けて今回は、建て替えの際の仮住まい先の選び方について解説します。
仮住まい先を探す際のポイントについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

建て替え時の仮住まい先の選び方とは?

□建て替え時の仮住まい先の選び方とは?

住宅の建て替えの際に、仮住まい先をどうしようか悩む方も多くいらっしゃると思います。
今回は、住宅の建て替えがあり、仮住まい先を探している方に向けて仮住まい先の選び方についてご紹介します。
仮住まい先の選択肢としては、賃貸物件、マンスリーマンション、夫・妻の実家があげられます。
必要な費用の目安やメリット、デメリットを紹介しますので、ライフスタイルに合った仮住まい先を見つけましょう。

まず、賃貸物件についてご紹介します。

賃貸住宅は、流通量も多いことから人気が高く、希望のエリアで仮住まい先を見つけられます。

しかし、賃貸物件は初期費用が高いことから経済的にも負担が大きく、退去の際にはハウスクリーニングをしなければならない場合もあります。
他にも、戸建て住宅以外の賃貸物件は生活音に注意が必要になります。また、ガス、水道、電気のような手配は自分自身で行う必要があります。

次に、マンスリーマンションについてご紹介します。

マンスリーマンションは、通常の賃貸物件に比べて契約期間内の自由度が高いことから、短期利用に適した物件です。

しかし通常の賃貸物件に比べて家賃が高くなり、清掃費もかかることから経済的理由負担も大きくなってしまいます。
他にも、マンスリーマンションには家具家電が付いているので大きな荷物の持ち込みが難しい場合があります。
この場合は荷物置き場を別途確保しなければなりません。
一方でガス、水道、電気は完備されているため、手続き終了後、すぐに住めます。

次は、夫・妻の実家に居候することについてご紹介します。
居候すると高額な家賃や敷金、礼金などがかからないため、経済的な負担を減らせます。

家族全員で居候が難しい場合は、実家の近くに賃貸物件やマンスリーマンションを借りるか、それぞれの実家で妻と夫が暮らし、子どもをどちらかが預かるという方法もあります。
また単身用であれば、賃貸物件やマンスリーマンションは見つけやすくなります。

 

□仮住まい先を探す際のポイントとは?

仮住まい先を探す際は、優先事項を決めておきましょう。
期間や費用から考えるのも良いでしょう。
期間や費用の他にも、物件の広さや種類は重要になります。
また、職場や学校に通いやすいか、利便性も確認するようにしましょう。

仮住まい先を探す際のポイントとは?

□まとめ

この記事では、建て替え時の仮住まい先の選び方についてご紹介しました。
建て替えの際は、仮住まい先を探す際のポイントに気をつけて選ぶことをおすすめします。
ご不明点等がありましたら、当社までお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。