建て替えの際は固定資産税に注意しましょう!無駄に支払わないための要件をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替えの際は固定資産税に注意しましょう!無駄に支払わないための要件をご紹介!

「建て替えの際の固定資産税について知りたい」
新潟市周辺でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
建て替えをすることで、固定資産税がどうなるか気になりますよね。
そこで今回は、建て替えの際に固定資産税が高くなる可能性があることと、固定資産税が上がらないための要件についてご紹介します。

建て替えの際に固定資産税が高くなる可能性があることについて

□建て替えの際に固定資産税が高くなる可能性があることについて

固定資産税とは、土地と建物にかかる税金のことです。
税額の算出は、毎年1月1日時点の固定資産評価額に基づいて行われます。
建物の価値は時間が経つほど下がっていくため、建て替えを考えるような古い家であればほとんど無価値とみなされます。
一方、土地については経年劣化がないため、基本的に公示価格をもとに評価されます。

ここで注意すべきなのは、その土地に家屋が建っているかどうかによって税額が大きく異なることです。
建て替えを目的に更地にした場合、家屋がある場合に比べて固定資産税が3~6倍高くなる可能性があります。
これは、家屋がある土地は住宅用地とみなされて税額が軽減されるのに対し、更地は非住宅用地に区分されてこの措置が適用されないことがあるためです。

□固定資産税が上がらないための要件とは?

先程、家屋がある土地よりも更地の方が、固定資産税が高くなってしまうことを解説しました。
ただし、一定の要件を全て満たして住宅用地と認められた場合、固定資産税は上がりません。
そこでここでは、固定資産税が上がらないための要件をご紹介します。

1つ目は、前年の1月1日時点でその土地が住宅用地であったことです。

2つ目は、1月1日時点でその土地において住宅建設工事が着工されており、翌年までに完成することです。
この住宅建設工事には解体工事は含まれないため、注意してください。
対象となるのは、家屋解体工事が1月1日時点で完了した後、建築確認申請を提出しており、新たな住宅の建設工事が3月末日までに開始している場合です。

3つ目は、建て替え前と同一の敷地において住宅の建て替えが行われていることです。

4つ目は、当該年度と前年度で、土地の所有者が同じであることです。

5つ目は、当該年度と前年度で、住宅の所有者が同じであることです。
年の途中で購入した中古住宅において、1月1日をまたいで建て替え工事に着工したといった場合はこの要件を満たしていないため、注意しましょう。

固定資産税が上がらないための要件とは?

□まとめ

本記事では、建て替えの際に固定資産税が高くなる可能性があることと、固定資産税が上がらないための要件について解説しました。
今回紹介したことを参考に、建て替えの際は、固定資産税による負担が軽くなるようにしてみてくださいね。
新潟市周辺で建て替えをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。