建て替えの際のローンとは?注意点も紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替えの際のローンとは?注意点も紹介します!

家を建てたり、建て替えたりする際には、住宅ローンを組む方がほとんどですが、ローンを組む際の流れや詳細を把握しておかないと失敗してしまうかもしれません。
そこで今回は、建て替えの際の住宅ローンを組む流れと注意点を紹介します。
住宅の建て替えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

住宅ローンを利用して建て替えるときの流れについて

□住宅ローンを利用して建て替えるときの流れについて

まず、建築会社を探して、建て替えプランを立てます。
自分に合った建築会社を探して、建て替えのプランの見積もりを依頼して、具体的な予算が決まったところで住宅ローンの計画を立てて、仮審査へ進みます。

次に、建築会社との契約を結び住宅ローンの本審査を受けます。
納得のいく建築プランが決まったら先に建築会社と契約を結んで、その後に住宅ローンの本審査へ進んで、申し込みを行います。
ここでつまづかないように、仮審査を受けて準備をしておきましょう。

続いて、仮住まいへ引越しをして、住宅の取り壊しと建築が始まります。
このステップは、建築会社が主導で進めるので仮住まいへの引越しを行って、次の段階に備えておきましょう。
ここで、資金が必要になる場合はつなぎ融資を使って進める方法もあります。

最後に、住宅の完成後の住宅ローンの実行になります。
ローンの融資前に必要な資金は、ある程度支払い方法を決めておかなければなりません。
建て替えの流れを把握しつつ、住宅ローンの計画をするのは少々難しいところがあるので、専門家に資金計画の手伝いをしてもらうと失敗せずに進められます。

□住宅ローンを組むときの注意点について

1つ目は、無理なく返済できる金額を前提に、シミュレーションを妥協しないことです。
家族構成やライフスタイルによって、無理なく返済できる金額は変わってくる上、種類によっては最終的な金額が数十万、数百万単位で変わってきます。
丁寧にシミュレーションを行って、失敗しないようにしましょう。

2つ目は、諸費用についても考えておくことです。
住宅の建て替えには、工事費以外に手数料や印紙代などの諸費用もかかってきます。
諸費用は、住宅の総額の10パーセントとも言われるので諸費用をどのようにして賄うかをあらかじめ考えておくようにしましょう。

3つ目は、利率だけを重視しないことです。
種類によっては、返済途中で利率が変わるものもあるので、金利は低ければ良いというわけではありません。
長期的により良い利率方式を選ぶようにしましょう。

4つ目は、専門家になるべく相談することです。
住宅ローンの返済は数十年にわたって行うものなので、相応の知識がないとライフプランに関わる資金計画をスムーズに立てることは難しいでしょう。
フィナンシャルプランナーに相談してプロの意見を取り入れてみることもおすすめです。

住宅ローンを組むときの注意点について

□まとめ

この記事では、住宅ローンを立てるまでの流れと注意点を紹介しました。
長期にわたって関わるものなので、きちんと流れや注意点を理解した上で無理のない資金計画を立てられるようにしましょう。
新潟市周辺で、家づくりを検討している方はぜひ一度、当社にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。