建て替えをご検討中の方必見!流れや仮住まいの手続きについてご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替えをご検討中の方必見!流れや仮住まいの手続きについてご紹介!

「建て替えの流れが知りたい」
「仮住まいに移るときにはどのような手続きがあるのだろう」
この記事をご覧の方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、新潟市にお住まいの方へ向けて、建て替えの流れ、また仮住まいに移る際の手続きで注意するべきことについて詳しく解説します。
ぜひご覧ください。

建て替えの流れを紹介します!

□建て替えの流れを紹介します!

1つ目は、住宅会社を選ぶことです。
建て替えを決定したら、まずはどのような家を建てたいかを家族で相談しましょう。
また、予算を検討し資金計画を建てましょう。
新しい家のイメージと資金計画をもとに依頼先を選択します。

2つ目は、契約と設計プランの確認です。
依頼先が決定したら本見積もりを作成してもらい、プランなどを確認し本契約を交わします。

3つ目は、住宅ローンに申し込むことです。
実際にローンを組むのは着工が始まってからですが、先に事前審査をおこないます。
事前審査には見積書とプランが必要となります。

4つ目は、解体業者を見つけることです。
解体業者を見つける日数も含めると、解体には約2ヶ月かかると想定しておきましょう。
ただし、建物の構造や時期、立地などによって必要な日数は異なります。

5つ目は、仮住まいを見つけることです。
仮住まいには約半年間住むことになると言われています。
そのため、交通機関や生活環境を考慮することが重要です。

6つ目は、引っ越しです。
仮住まいへの引っ越しと新居への引っ越しがあります。

7つ目は、地盤調査です。
安全性が不十分な場合は、地盤改良が必要です。

8つ目は、解体工事です。
解体工事は構造や立地などで内容が異なります。

9つ目は、着工と引き渡しです。
手続き終了後、引き渡しとなります。

□仮住まいに移る際の手続きで注意するべきこととは?

仮住まいに移る際に注意が必要な手続きは、電気、水道、ガスの使用停止手続きです。
これらの手続きを放置したままにしておくと、使用の有無に関わらず基本料金が発生します。

また、固定電話を仮住まいで使用する際には移設の手続きをしましょう。
使わない場合は、利用中止にするか一時中断を選択できます。
ただし、利用中止には再度利用する際に電話番号が変わる、一時中断には回線使用料がかかるというデメリットがあります。

仮住まいに移る際の手続きで注意するべきこととは?

□まとめ

今回は、新潟市にお住まいの方へ向けて、建て替えの流れ、また仮住まいに移る際の手続きで注意するべきことについて紹介しました。
建て替えをご検討される際は、ぜひこの記事をお役立てください。
何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽にお問合せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。