建て替えを決めてからの大まかなスケジュールを解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市で建て替えをお考えの方は多いでしょう。
建て替えの工程にどのように時間がかかるかを知っておくことでスムーズに工事を進められます。
そこで今回は、建て替えを決めてからの大まかなスケジュールを解説します。

□建て替えを決めてからの大まかなスケジュールをご紹介!

まずは、1ヶ月から3ヶ月で計画を立てます。
どんな家にするか、間取りや、設備、予算、資金計画などを具体的に立てましょう。
具体的な計画にすることで、トラブルも防げるでしょう。

次に、2ヶ月から3ヶ月で業者を探します。
建て替えの場合は、解体業者や住宅会社、引越し業者を探し、決定する必要があります。

次に、2ヶ月から3ヶ月で契約や打ち合わせをします。
各業者と契約する際は、日時をしっかり確認しましょう。
同時に多くのことが動きだすため、スケジュールがタイトにならないように、各業者にしっかり確認しましょう。

次に、1ヶ月から2ヶ月で住居の片付けと仮住まいへの引っ越しをします。
住居の片付けは、建て替えを決めてから少しずつ始めておくと良いでしょう。
仮住まいに入らない荷物や家具などがあれば、レンタル倉庫や引っ越し業者に預けることになります。

次に、10日間から2週間で解体工事をします。
建物の構造にもよりますが、30坪程度の大きさの木造住宅の場合は10日間で解体工事は終了します。

次に、3ヶ月から6ヶ月で新築工事をします。
新築の工事が始まった場合、進行状況を確認することをおすすめします。

次に、1ヶ月程度で引き渡しをします。
その際に完成した家に不備がないかを確認する必要があります。
不備があった場合は対応に1ヶ月程度かかるので注意しましょう。
対応の内容を書面にしておくとトラブルが避けられます。

最後に、新居に引っ越しをします。

□建て替えについての注意点をご紹介!

1つ目は、建て替えでも地盤調査が必要なことです。
今まで異常はなかったから地盤調査は必要ないと考える方も多いでしょう。
新築のときは地盤調査が行われておらず、もともと軟弱な地盤の上に家屋が建てられた可能性もあります。

地盤調査を行い地盤が軟弱だと判断された場合は、地盤改良工事をする必要もあるでしょう。
地盤調査や地盤改良工事は、家の取り壊し費用とは別にかかるため、建て替えを希望する場合は地盤調査にかかる費用も準備しておくと安心です。

2つ目は、仮住まいを手配することです。
建て替えでは、今居住している家を取り壊す必要があるため、その家に居住する人全員が仮住まいに引っ越さなければなりません。
その場合、家族全員で入居できる賃貸物件を探します。
仮住まいは基本的に短期間であるため、通常の賃貸物件の他にマンスリーマンションやウィークリーマンションなどもおすすめです。

□まとめ

今回は建て替えを決めてからの大まかなスケジュールを解説させていただきました。
ぜひ注意点を意識して建て替えを検討してみてください。
建て替えをお考えの方や、何かお悩みをお持ちでしたらぜひ当社にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。