建て替えを検討中の方へ!建て替えの相場を紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替えを検討中の方へ!建て替えの相場を紹介します!

「建て替えの相場について知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか。
建て替えにはいくつかの費用が必要となり、これらの費用それぞれに相場があります。
また、安く抑えるコツを事前に知っておくと、お得に建て替えができます。
そこで今回は、建て替えの工事費用と安く抑えるコツについてご紹介します。

家の建て替えにかかる工事費用とは?

□家の建て替えにかかる工事費用とは?

家の建て替えにかかる工事費用は、主に解体工事費用、本体工事費用、別途工事費用の3つに分けられます。
今回は、これら3つの費用について解説します。

1つ目は、解体工事費用についてです。
解体工事費用とは、現在の家を取り壊し、工事に伴って出てきた廃棄物を処分する費用です。
作業のしやすさや人件費などに違いがあるため、費用の相場は土地の状況や地域によって様々です。
1坪当たりの解体工事費用の目安は、木造では3~5万円、鉄骨造では3.5~6万円、鉄筋コンクリートでは4~8万円です。

2つ目は、本体工事費用についてです。
本体工事費用とは、新築工事において住宅本体を建てるための費用です。
この費用の相場も地域によって差がありますが、40坪弱であれば、東京都では3000~3600万円、全国平均では3400万円程度です。
この費用の中には、設計作業にかかる設計費用、住宅本体の工事費用・材料費を含む本体建築費用があります。

3つ目は、別途工事費用です。
別途工事費用とは、新築工事において住宅本体を建てる以外にかかる工事費用です。
地盤調査・地盤改良工事、外構工事・エクステリア関連、インテリア・電設関連はある程度必須になりますが、造成工事、基礎補強工事などは必要ない場合もあります。

造成工事の費用の相場は範囲や内容によって異なりますが、1坪当たり18~20万円です。
基礎補強工事の費用の相場は、約3万円以上といわれています。

□建て替え費用を安く抑えるコツとは?

ここでは、費用を安く抑えるコツを2つご紹介します。

1つ目は、新しい家の広さや設備にこだわりすぎないことです。
建築費用はこだわればこだわるほど高くなるため、注意しましょう。
あまりこだわらない場合、軽量鉄骨プレハブ工法や木造在来工法などの価格の安い工法を採用すると、費用が高くなることを防げます。

2つ目は、建て替えの際、閑散期に引っ越しのタイミングを合わせることです。
繁忙期である3から4月、大型連休がある5月、8月は引っ越し料金が高くなります。
費用をできるだけ安く抑えたい方には、閑散期である11から2月に引っ越しのタイミングを合わせることがおすすめです。

建て替え費用を安く抑えるコツとは?

□まとめ

建て替えの工事費用と安く抑えるコツについて解説しました。
建て替えの工事費用は土地の状況や地域によって差がありますが、前述した相場を参考にしてみてくださいね。
また、今回紹介したコツについてもぜひ活用してみてください。
新潟市周辺で建て替えをしたいとお考えの方は、いつでも当社にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。