建て替え工事で住宅ローンは使用できる?使えるローンの種類を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新潟市近郊にお住まいの方で、建て替えをご検討中の方も多くいらっしゃると思います。
今回は、住宅ローンの種類と住宅ローンを組む際に満たしておくべき条件についてご紹介します。
建て替えをご検討中の方は参考にしてみてください。

□住宅ローンの種類をご紹介!

*建て替えローン

今すぐに完済できない場合に便利なのが建て替えローンや住み替えローンです。
新しい融資が始まる段階で未返済分を上乗せして返済先をひとつにまとめるローンのことを指します。
融資額が高くなるわけですので審査基準も厳しくなりますが、重複してローンを組むよりは返済額を抑えられるので検討してみるとよいでしょう。

*ダブルローン

ダブルローンを利用すると、未払いの住宅ローンがあっても新たに住宅ローンを借りられます。
主に買い替えの際に利用され、今の家を売却したときに発生した利益分で未払い分を返済したり、買い手にローンを引き継いでもらったりすることで完済していきます。
ただし、購入者が現れなかった場合は二重返済の負担が大きくなるので、計画的な返済プランを立てておきましょう。

□住宅ローンの審査に通る条件とは?

先ほどご紹介した住宅ローンを融資してもらえる条件についてご紹介します。

1つ目は、借金を多く抱えていないことです。
現在借金を抱えている方はローンを返済できなくなる可能性が高くなるので、金融機関もトラブルを防ぐためにも、残っているローンをチェックしましょう。
住宅ローンを組む前に、残っている未払いローンを返済し終えましょう。

一般的には、ローン残高が年収の30パーセントを超えると厳しいです。
消費者金融や正規ルート以外のルートからお金を借りている方も審査に通りにくいです。

2つ目は、支払いを滞納していないかどうかです。
光熱費や電話料金、税金の引き落としを滞納している方は信用が薄れているので要注意です。
特に税金関係は、法律で優先して払うように定められているため、ローンの返済が後回しになって滞納するのではないかと思われてしまいます。

3つ目は、一定年数勤続していることです。
長期にわたって返済を滞りなくする人かを判断する材料として、年収の他に勤続年数があります。
もちろん長ければ信頼度も上がりますが、6カ月から1年ほどの勤続で審査には通りますのでご安心ください。

□まとめ

この記事では、住宅ローンの種類と住宅ローンを組む際に満たしておくべき条件についてご紹介しました。
チェックポイントを確認して、ローンを有効活用して建て替えや買い替え楽しんでくださいね。
何かご質問があればお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。