建て替え前に知っておきたい!建て替えの注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
建て替え前に知っておきたい!建て替えの注意点とは?

住宅の建て替えをお考えの方必見です。
この記事では住宅を建て替えるときの注意点や、建て替えの理想のタイミングをご紹介します。
家の建て替えを検討されている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

住宅を建て替えるときの注意点

□住宅を建て替えるときの注意点

ここでは、住宅を建て替えるときの注意点を5つご紹介します。

1つ目は、新築ではかからない費用がかかることです。
新築の場合とは違い、建物を解体する費用や登記簿を新たに取る費用がかかります。
解体費用は一律ではなく、土地や住宅の状態によって異なるので注意しましょう。

2つ目は、再建築不可物件だと建て替えできないことです。
土地によっては再建築不可物件といって、建て替えできない物件があります。
理由は建築基準法にあり、建物を新築するときは建築基準法に適合させる必要があるからです。

3つ目は、従来の家より小さくなる可能性があることです。
例えば、家に面している道路の幅が4メートル以下の場合は、建て替え時に道路から後退して建築しなければなりません。
そのため従来の家より、小さくなってしまいます。

4つ目は、地盤改良が必要になる可能性があることです。
建物が古い場合は、地盤調査が行われていない場合や、過去の地盤改良が不十分な場合があります。
現在は法律によって地盤調査が義務付けられているので、地盤改良が必要な時もあります。

5つ目は、近隣住民への配慮が必要になることです。
住宅を建て替える場合、大きな音や揺れが発生します。
特に揺れに関しては広範囲に影響するため、前後左右の住民の方には挨拶をしておくと安心です。

 

□住宅を建て替える理想のタイミングとは?

住宅を建て替える理想のタイミングは、築年数の観点からみると築40年から60年ほどとなっています。
建物の劣化だけをみると上記のタイミングが理想ですが、あくまでも平均寿命に関するデータを参考にした数字ですので、築年数がこれ以上経っていても建て替えが必要ないこともあります。

実際に建て替えを考える場合は、建物の劣化だけでなく家族構成の変化や体力の変化など、様々なことを考慮して建て替えるタイミングを考えるといいでしょう。

住宅を建て替える理想のタイミングとは?

□まとめ

この記事では、住宅を建て替えるときに気をつけたいポイントや、住宅を建て替えるタイミングをご紹介しました。
住宅を建て替える前には、しっかり注意点を確認しておくことが大切です。
また、新潟市周辺で家の建て替えをお考えの方はぜひ当社にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。