新潟市の方へ!建て替えの目安について解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「そろそろ自宅を建て替えた方がいいのかな」
「でもまだ大丈夫な気もするな」
近頃、ご自宅を建て替えようとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも本当に建て替えが必要なのかよくわかりませんよね。
この記事では、建て替えの目安についてお話しします。

□建て替えの時期

住宅は、新築時の状態からだんだん老朽化が進みます。
また、時間が経つと家族のライフスタイルも変わっていきます。
このような理由から住宅を建て替える必要が出てきます。
では具体的にどのような状態となったら建て替えをすればよいのでしょうか。

 

*住宅の劣化

木造住宅では30年ほどが目安となっています。
住宅に使用されている設備や仕上げ材の多くは30年ほどが寿命となっています。
そのため、30年ほど経つと様々な不備が生じてきて、修繕の必要を感じるようになります。
しかし、この頃になってリフォームを検討しても、修繕箇所が多く劣化具合も大きいなど、高額な費用がかかってしまうことが多いです。
そうなると、リフォームではなく建て替えてしまった方がいいのではないかと思い、30年ほどで建て替える方が多いようです。
建て替えをしなくても、適切なメンテナンスやリフォームを行えば80年以上住むことができることもあります。
しかし、その前に建て替えをしてしまう人が多いようです。
住宅の設備が古くなり不便が生じてきたら、リフォームにかかる費用によっては建て替えを検討してみましょう。

 

*生活の変化

住宅を建ててから数十年もすると、子どもが大きくなったり自身が高齢になったりなど、ライフスタイルが変わっていることが多いでしょう。
その変化に応じて、より住宅を暮らしやすくするために建て替えが行われることも多いです。
老後のことを考え、バリアフリーな住宅にリフォームしたいと考えても、費用が高額になってしまいます。
そのため、どうせ高額なお金を払うなら建て替えてしまおうという考えになり、建て替えをする方が多いです。
ライフスタイルが変化し現在の住宅に不便を感じてきたら、建て替えを検討してみましょう。

□まとめ

以上、建て替えの目安についてお話ししました。
これらのポイントを参考にご自宅に建て替えが必要かどうか考えてみてください。
適切なタイミングで建て替えをすることで、より快適な生活を送ることができるようになるでしょう。
当社では、お客様に満足していただける住宅をご提案しています。
ぜひ一度ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。