新潟市で建て替えを検討中の方へ!つなぎ融資とは何か解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「そろそろ自宅を建て替えようかな」
「でも住宅ローンのことがよくわからないな」
近頃、ご自宅を建て替えたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも住宅ローンって仕組みが難しくてよくわかりませんよね。
住宅ローンを組む際には、つなぎ融資という仕組みを利用する必要がある場合があります。
この記事では、つなぎ融資について紹介します。

□つなぎ融資とは?

家を購入したり建て替えたりするとき、住宅ローンを組む方も多いと思います。
住宅ローンを組む場合、家が建ってから融資が始まることが多いです。
しかし、工事の着工時や上棟時には費用の30%を支払わなければならないなど、家が建つ前に多額の資金が必要となることがあります。
仮に工事費用が2000万円だとすれば、着工時と上棟時に30%の600万円ずつかかることになります。
これだけの額を自らの資金で出すとなると、難しい方も多いですよね。
このような場合に利用できる仕組みがつなぎ融資です。
これは、家ができあがる前に必要となる資金を一時的に建て替えてくれる仕組みです。
家ができあがるまでのつなぎのような役目を果たしてくれます。

 

□なぜ必要なの?

住宅ローンが初めから融資を行ってくれれば、利用する必要はありませんよね。
では、なぜ住宅ローンの融資は家ができあがるまで始まらないのでしょうか。
住宅ローンはできあがった家を担保として融資を行います。
そのため、完成前の担保がない状態では融資を行うことはできないのです。
すでに完成している建売住宅や分譲マンションを購入する場合は購入時に住宅ローンを組むことができますが、これから住宅を建てる場合には完成するまで住宅ローンを組むことができません。

 

□利用方法

つなぎ融資は、住宅ローンを申し込む金融機関と同じところで申し込まなければなりません。
つなぎ融資だけ別の金融機関で利用することはできません。
金融機関によって金額の上限や融資回数の制限などが異なるため、自分に必要な融資を受けられるか事前に確認するようにしましょう。
また、住宅ローンに比べ金利が2~4%ほどと高めに設定されており、事務手数料もかかることがあるので注意が必要です。

□まとめ

以上、つなぎ融資について紹介しました。
住宅の購入や建て替えには多額の費用がかかりますよね。
このような便利な仕組みをうまく使えば、必要な資金を用意できます。
その資金を用いて、ぜひ自分の理想の家を建ててみてください。
当社では、お客様に満足していただける住宅をご提案しています。
ぜひ一度ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。