寒いトイレを解決するためのリフォーム!新潟の住宅会社が紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「トイレが寒いからリフォームをしたい」
「トイレのリフォームにはどのようなものがあるのだろうか」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
特に秋の終盤から春が訪れるころまでの間は厳しい寒さですよね。
そのような中、トイレまで寒いとなると大変ですよね。
そこで今回は、トイレの寒さを解決するためのリフォームについてご紹介します。

□断熱材の使用

多くの住宅では、家の中の温度を維持するために断熱材を使用しています。

しかし一般的には、屋根や外壁、床などといった家の外側の部分にしか断熱材を使用しないことが多いです。
そこで、トイレの壁にもリフォームで断熱材を使用してみてはいかがでしょうか。
また、トイレが壁に面している場合は、リビングなどと同様に、断熱リフォームという方法でトイレの寒さを解決することもできます。

 

□窓を二重に

熱の多くは窓から流出してしまうと言われています。
そのため、北部の寒さの厳しい地域では窓や玄関を二重にしている住宅が多くあります。
同じ様に、トイレの窓を二重にするという方法もあります。
トイレの中を暖かくしてくれるわけではありませんが、熱の放出をある程度抑えることができます。
そうすることで、他の寒さ対策のリフォームとの相乗効果が期待できるでしょう。

 

□床暖房の導入

床暖房をトイレに導入すると、足元がとても暖かい快適なトイレが実現できるでしょう。
しかし、トイレだけでは廊下の床の温度差が否めません。
そのため、トイレだけに床暖房を設置する場合、ヒートショックに注意する必要があります。
この機会にトイレだけでなく、キッチンやリビングなどにも床暖房を導入してみてはいかがでしょうか。

□無垢フローリングの使用

継ぎ足しなどの加工をほとんどしていない木材を使用したフローリングのことを、無垢フローリングと言います。
簡単に言うと、いわゆる天然もののフローリングのことを指します。
天然の木材であるため、無垢フローリングには目で見えないような空洞がたくさんあります。
その空洞が断熱材と似たような効果を発揮します。
そのため、無垢フローリングには温かみがあります。
但し、お手入れやメンテナンスも考慮した上で選定していきましょう。

 

□まとめ

今回は、トイレの寒さを解決するためのリフォームについて紹介しました。
トイレが寒くなってしまう原因を考えて、その原因に合ったリフォームをすることが重要です。
トイレのリフォームを考えている方は、この記事を参考にしていただけたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。