増築のやり方がわからない方へ!増築の方法を紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
増築のやり方がわからない方へ!増築の方法を紹介します!

「マイホームが手狭になってきた」
「家族のためにも、より便利な作りの家にしたい」
このようにお考えの方には、家の増築がおすすめです。
今回の記事では、住宅の増築方法についてご紹介します。
どのような空間を追加すると、より快適に暮らせるか一緒に考えていきましょう。

増築前のチェックポイントとは?

□増築前のチェックポイントとは?

1つ目は建ぺい率を確認することです。
建ぺい率とは敷地面積に対して建物を建てられる面積の割合のことを指します。
この建ぺい率は法律により上限が定められています。

この基準を守らなければ、せっかく増築を行っても取り壊しを求められる場合があります。
必ず建ぺい率をチェックして、増築が可能なのかを確認しておきましょう。

2つ目は水回りの基礎の耐久性など、構造上の問題を確認することです。
既存の建物に新しい建物を付け足すため、接合部分が必ず出てきます。
この部分はどうしてももろくなりやすく、雨漏りしたり腐敗したりする可能性が高いです。

そうならないために板金処理を行います。
しかし、構造上の問題で十分に機能しない場合があります。
建築会社にきちんと接合部分の処理ができる構造なのか確認しておきましょう。
また、耐久性不足の場合は増築できない場合があります。

3つ目は必要な建築確認申請の有無を確認することです。

・防火地域、準防火地域での増築
・増築によって建築面積が10㎡以上増える場合

上の条件にあてはまる住宅の工事の場合、自治体に増築の確認申請を行う必要があります。
100平方メートルを超えない増築の場合は自身で申請を行えます。

しかし、規定を超えると申請がややこしくなります。
申請が行えない可能性を避けるために、プロに依頼するようにしましょう。

□増築ではどのような工事方法が用いられているのか?

*差し掛け増築

1階部分の増築によく用いられている工事方法です。
外壁の一部を撤去してその部分に新たな建物を建築します。

外壁の一部だけを撤去するだけで工事を行えるため、施工中も住み続けられます。
仮住まいを準備したり、引っ越す手間が省けます。
解体面積も狭くなるため、費用を抑えやすいです。

*おかぐら増築

2階部分を増築する時によく用いられる工法です。
屋根を解体し、2階部分を上に乗せるように増築します。

2階部分を支えるために1階の補強も行うため、住宅全体を工事します。
工事の規模が大きくなる分、費用もかかります。

*取り壊し増築

1階部分と2階部分をまとめて増築する場合に用いられます。
床面面積を一気に拡張できます。
雨漏りのリスクは大きくなりますが、定期的なメンテナンスで防げることがほとんどです。

増築ではどのような工事方法が用いられているのか?

□まとめ

今回は、増築の方法をいくつかご紹介しました。
新潟市周辺で増築をお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。
当社では、お客様の理想に沿えるようなアイデアをご提案いたします。
増築についてあまり知識がないという方でも全力でサポートいたしますのでお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。