増築を検討中の方へ!いくらかかるのか紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
増築を検討中の方へ!いくらかかるのか紹介します!

「増築を考えているが、どのくらいの予算で工事を行えば良いのか分からない」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃるでしょう。
今回の記事では、増築をするにはいくらかかるのかをご紹介します。
ぜひ最後まで読んで、この記事を参考に予算を計算してみてくださいね。

増築リフォームの相場とは?

□増築リフォームの相場とは?

*水回りの増築

水回りの増築リフォームは、費用が高くなる場合が多いです。
理由としては配管の工事が必要になるためです。
2階以上に増築する場合は、配管を追加する工事も必要になります。
このため、費用が高額化しやすいです。

相場は、広さ1畳のトイレで70から200万円程度です。
広さ2畳の浴室は75から250万円程度かかります。

*部屋や離れの増築

はなれを増築する場合、1畳25から65万円程度かかります。
増築する面積が増えれば増えるほど、1畳あたりにかかる費用は安くなる傾向にあります。

*平屋に2階を増築

2階を増築する場合は、1階が重みに耐えられるように補強工事をする必要があります。
屋根を解体して、もう一度作り直す工程も加わるため割高になります。
1階を増築する方が1畳あたりの費用は安くなるでしょう。
1畳あたりの相場は50から100万円程度です。

□費用を抑えるための方法とは?

1つ目は、増築補助金制度や減税制度を利用することです。
増築する内容によっては補助金が支給されたり、減税制度が利用できます。
必ず活用できる制度を確認し、費用負担を軽減しましょう。

2つ目は、複数の箇所の増築を1度に行うことです。
増築を複数個所行いたい場合は、1つひとつやるのではなく1度に行いましょう。
そうすることで費用を節約でき、コストカットが期待できます。
増築する場合は、他にも増築したい場所はないか確認しておきましょう。

3つ目は、増築箇所の範囲をしっかり見極めることです。
複数箇所を1度に行うと安くなりますが、必要のないところの増築は無駄な出費になります。
本当に必要な部分を見極めて増築を依頼するようにしましょう。

4つ目は、水回りの工事で配管距離を短くすることです。
配管距離を短くすることで工事費だけでなく、配管の材料費が抑えられます。

費用を抑えるための方法とは?

□まとめ

今回は、増築する時の費用についてご紹介しました。
この記事がお客様の役に立てば幸いです。
新潟市周辺でお住まいの増築をご検討の方は、ぜひ当社にご相談ください。
また、この記事について何かご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。