増築をお考えの方へ!増築の値段を紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
増築をお考えの方へ!増築の値段を紹介します!

「増築の値段について知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか。
増築によって、現在住んでいる家をより快適な場に変えられます。
しかし、増築の費用は場所によって様々であり、増築するときの注意点も存在します。
そこで今回は、増築費用の相場と増築する際に気を付けることについてご紹介します。

増築費用の相場とは?

□増築費用の相場とは?

ここでは、3か所の増築費用の相場をご紹介します。

1か所目は、ベランダやバルコニーです。
ベランダやバルコニーを増築するための費用の相場は、50~94万円程度です。
使用する材質によって費用は大きく異なります。
例えば、平米当たりの単価でいうと、天然のソフトウッドでは6000~8000円程度、天然のハードウッドでは15000~18000円程度、人工木では25000~30000円程度です。

2か所目は、トイレです。
トイレを増築するための費用の相場は0.4~1畳で70~200万円程度です。
価格帯の幅が広いのは、増築する広さだけでなく、新しい便座や便器を設置するかどうか、どのような間取りにトイレがあるかなども価格に影響するからです。

3か所目は、キッチンです。
キッチンを増築する場合、費用の相場は階数によって異なります。
1階では110万円から、2階では125万円からが相場です。
また、導入するキッチンのグレード、間取り変更をするかどうか、配管工事や電気工事が必要かどうかなどによっても費用は変動します。

□増築する際に気を付けることとは?

ここでは、増築する際に気を付けることを3つご紹介します。

1つ目は、増築工事できるか確認することです。
土地に建物を建てる際には、建ぺい率というものがあり、敷地面積に対する建築床面積が定められています。
さらに、容積率の範囲内に総床面積が収まらなければいけません。

2つ目は、水回り工事が必要になる可能性があることです。
2階にトイレやお風呂などの水回りを増築する場合、通常の増築工事に加えて、水回り工事が必要になります。
排水用配管工事、給水工事、防水工事などの費用もかかるため、2階に水回りが必要なのかどうかを慎重に検討することが重要です。

3つ目は、申請が必要になる可能性があることです。
10平方メートルを超えて増築する場合、確認申請が必要です。
この申請は、行政に増築の許可を取るための申請です。

一般的には、確認申請は建築士が行います。
ただ、自分で建築士を探す必要はありません。
増築を依頼するリフォーム会社で確認申請をしてもらえます。

増築する際に気を付けることとは?

□まとめ

本記事では、増築費用の相場と増築する際に気を付けることについて解説しました。
事前に増築費用の相場を知っておくと、予算内でどの程度のことができるのか想像しやすいです。
また、今回紹介した気を付けることもぜひ参考にしてみてください。
新潟市周辺で増築をお考えの方は、いつでも当社にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。