新潟市でリフォームをするなら、増築と改築の違いを知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「自宅のリフォームを考えているけど、増築と改築のどちらがいいのだろう?」
「詳しい違いを知りたい」
このように、自宅のリフォームについてお悩みの方はいらっしゃいませんか?
どちらの方法がいいのかわからないと、選びにくいですよね。
そこで今回は「リフォームにおける増築と改築の違い」について解説します。

□それぞれのリフォーム方法の特徴を知ろう!

まずは、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

*増築の特徴は?

増築とは、同じ土地内において、建物の床面積を大きくするリフォーム方法のことを指します。
平屋だった家を二階建てにしたり、新しく離れを作ったりする工事が多いです。
子供が大きくなって、部屋の数が足りなくなった時に増築をされる方が多くいらっしゃいます。
建て替えるよりも費用を抑えることができる点も魅力の一つでしょう。

*改築の特徴は?

改築とは、床面積を変えることなく、間取りの変更を行うリフォームのことを指します。
改築とよく間違えてしまう言葉に「改装」というものがありますが、改装と改築は全く違います。
改築では、家の一部あるいは全てを取り壊し、新しくリフォームをします。
しかし、改装は壁紙の張り替えなどの比較的軽いリフォームであることが多いです。
混同しないように気をつけましょう。

 

□結局、増築と改築にはどのような違いがあるの?

大きく分けて2つの違いがあるので、それぞれ順番に見ていきましょう。

*工事方法が違う

先述したように、増築は今ある建物に新しく部屋を付け加える工事を行います。
強度が心配な場合は、増築する前に補強工事を行うこともあります。
一方で、改築は今ある建物の構造を変更する工事を行います。
そのためには一度建物の一部あるいは全部を取り壊す必要があるので、しばらく住めなくなることが考えられます。
改築をする場合は、仮の住まいを確保しておくと良いでしょう。

*費用がかなり変わる

増築と改築では、増築の方が費用が安くなります。
なぜなら、改築では構造の変更が必要になるので、増築より大規模な工事を行うためです。
以下で費用の目安を解説します。

・8畳の部屋を増築する場合 約100万〜300万円
・間取りを変更して改築する場合 約200万〜500万円
・建物を全て改築する場合 約1000万〜1500万円

このように、施工内容によって費用が大きく異なるので、どのようなリフォーム方法にするのかをしっかりと考えておきましょう。

□まとめ

今回は「リフォームにおける増築と改築の違い」について解説しました。
この記事を参考に、自分にあったリフォーム方法を選んでくださいね。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。