増改築って何?増改築をする際のチェックポイントも解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
増改築って何?増改築をする際のチェックポイントも解説

新潟市周辺で増改築を検討している方はいらっしゃいませんか。
増改築について、しっかりと理解することで、増改築の工事がスムーズに進められるでしょう。
そこで、ここでは増改築について解説します。
ぜひ、参考にしてくださいね。

増改築の種類について解説!

□増改築の種類について解説!

そもそも増改築とは、どのようなものかご存知でしょうか。
増改築と言っても、たくさんの種類があります。
ここでは、そんな増改築の種類について解説します。

まず、一番代表的なのは、全面改築と呼ばれるいわゆるフルリフォームです。
これは、住宅を全面的に、または根本的に改築する工事があるものを指します。

これとよく似た意味を持つ言葉として、スケルトンリフォームというものがあります。
これは、住宅を一度骨組みだけの状態にした上で、間取りや設備、内装などを初めから造り直すことを指します。

スケルトンリフォームも全面改築とほぼ同じなので、かかる費用もある程度同じです。
フルリフォームの中心価格帯は、1000万円〜1250万円です。
価格だけ聞くと、高額ですが、建て替えすることを考えると安く抑えられるため、費用面では、建て替えよりは良いです。

また、離れの改築もあります。
離れの増改築として、代表的なのは母家とつながる渡り廊下の建設です。
離れは、1つの敷地に対して1つの建物しか建てられないという法律があります。
そのため、母家と繋がっていなければなりません。

ただし、渡り廊下を新たに作るためには、既存の建物を改築するだけではなく、新たに廊下部分を建設する必要があるため、増築も必要となります。
そのためには、50万円〜300万円ほどの費用がかかります。
非常に高額ですが、子供の成長などのライフスタイルの変化に合わせて行う方が多く、一定の需要があります。

□増改築のチェックポイントを解説!

増改築は、建築法が絡んでくる関係もあり、事前に確認しておかなければならないポイントがいくつかあります。
そこでここでは、増改築のチェックポイントについて解説します。

増改築のチェックポイントは、以下の通りです。

・法令制限、建築確認申請の有無
・耐震性の確認
・タイミングやコストダウンの工夫
・増改築に伴う諸費用

これらは、それぞれで必要なタイミングや確認しておくべきタイミングが異なります。
それぞれのタイミングをしっかり確認して、不備なくスムーズに工事しましょう。

増改築のチェックポイントを解説!

□まとめ

今回は、増改築について解説しました。
増改築とはいえど、さまざまな改築があります。
今回の記事で増改築について深く理解できたでしょう。
ぜひ、今回の記事を参考に、増改築をスムーズに進めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。